すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚する前から、うちの弟の3人娘の面倒見も良かったし
本人は「そんなこともないよ~」と否定していましたが、
どうみても子ども好きだった私のダンナ。


娘が生まれてからも、乳を飲ませる以外は(母乳だったので)
大抵のことがこなせていましたが、、
今現在に至っては娘が話す言葉も私よりよく理解し、
お風呂に入れば私より泣かせずにきれいに洗い、
「お母さんは」と娘に聞くとダンナを指さすまでに
母親役もバッチリこなせる父親に成長いたしました。


そんなダンナの育児名言。


「母性はね、父親にだってあるんだよ~」


・・・ダンナいわく。
母性は女性にだけ備わっているものじゃない。
男だって毎日子どもと関わっていれば「母性的なもの」は芽生えるんだ、
とのことです。
まあ、女性にしたって妊娠してすぐ母親になれるわけではなく
同じように子育てを通して「母性」を育てていくものなんでしょうけどね。


で、もうひとつ。


「養うのと育てるのって違うよね。


 オレは子どもを育てたい」


・・・ダンナが今行ってる会社は家のすぐ近く(自転車通勤) なんですが、
まあ定時に帰れたことがありません。
いつも帰宅時間が9時ごろ。
遅いときには10時を過ぎています。
8時ごろ帰ると「あら~、今日は早いのね」と思わず言ってしまいます。
家が遠いともっと帰宅時間が遅いのかと思うとぞっとします。
残業時間が長くてやっと人並みなお給料なので
他の社員さんたちも文句言えずに残業をしているようです。
ダンナの場合は早く帰って子どもの相手をしたいのに、
人手が足りず、残業やむなしな環境のようです。
このままじゃね、そりゃ子どもも増えないですよ。
ダンナも子育て参加を強く希望しておりますが、
私としてもダンナに大いに参加してもらいたいと願っておりますよ。


でもね、
だからといって


「オレ専業主夫するから、働いて


って言われても困るんですけどね。

スポンサーサイト
テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pocopoco3.blog72.fc2.com/tb.php/87-ca579888
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。