すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”身体髪膚これを父母に受く、あえて毀傷せざるはこれ、孝の始めなり”
ここのところ相次ぐ若い人達の自殺報道を見て、
ずい分昔に聞いたことのある中国の古典の一説(孝経なんだそうな)を
ふと思い出しました。


私はなぜだか小さい頃からモラロジーという
地域で道徳を教えている団体さんの子ども教室みたいなところに入っていて
物心ついたころから「感謝の気持ちを忘れずに」「ご先祖や親を大切に」
といったようなことを教えられていたんですよ。
(そんなに宗教的なところではないんですよ)


そんなわけで、現在のところ特定の宗教を信じているわけではありませんが、
道徳的なお話というのは嫌いではありません。
上の一説はどこで聞いたのかわかりませんが、妙に覚えているんです。


私も中学生ぐらいの頃、いじめを受けてはいませんでしたが
「自分は生きていてもいいんだろうか」
「なんのために生まれてきて、これから生きていくんだろうか」と
思春期特有のわけのわからない悩み方をしていて、
気分が落ち込んだときなどは、ふと「死んだ方が楽なのかな」と
そんなに苦労をしてるわけでもないのに思ったりしたわけです。
なので、私は思春期真っ盛りの人達はただでさえ自殺予備軍だと思っています。


そんな私がなぜ自殺をしなかったか。
心のどこかで
「私の身体は私だけのものじゃない。
 産んでくれた親が悲しむようなことはしちゃいけないし、
 私をこの世に生み出してくれた何か(神様というんでしょうか)が
 もういいよ、って言ってくれるまで死んじゃいけないんだ」
と思っていたから・・・かな。
小さい頃から植えつけられていた道徳心が踏みとどまらせていたように思います。


今、娘が通っている保育所はカトリック系なので
イベントごとに所長先生からお説教があります。
その中ではっきりとは覚えていませんが、
種をまいて、水を与えただけでは植物はそだたない。
育ててくださる神様がいるから育つのだ。
私たちが生きているのも、ただ食べ物を食べているからではなく
神様が生かしてくださっているのだ・・・といった内容の話がありました。
これを聞いて、私は確かにそのとおりだと思いました。
現代人(若い人だけではなく、いい年をした大人でも)は
まるで自分ひとりで生まれて、生きてきたかのように思っている人が
結構多いんじゃないでしょうか。
ニュースで様々な事件を見るとそんな風に感じます。


ここを見ている悩める小中学生ってそんなにいないと思いますが、
どうか忘れないでください。
あなたの命はあなた一人のものではありません。
どれだけの奇跡をくぐりぬけて生み出された命なのか
機会があればあなたのお母さんに聞いてみてください。
あなたが生まれ、生きているだけでも
それは本当にすばらしいことなんです。
どうか、あなた自身をいつくしむ心をわすれないでください。


最初にあげた一説の意味は
「あなた身体は頭の髪から皮膚、足の爪まで
 両親から受け継いだものだから、不用意に傷つけてはいけない。
 自分を大切にすることが、そのまま親孝行である」
というものです。

スポンサーサイト
テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
コメント

同感です。本当に痛ましいニュースが多いです。

親による児童虐待も、心が痛みます。

平成というにふさわしい平穏な日本の社会になりますように。

「命を大切に」が、ひとり一人の心に届いて欲しいですね。
2006/11/23(木) 16:31:01 | URL | 素肌本舗 #JDUwZfwQ[ 編集]

>素肌本舗さんへ

コメントありがとうございます。
本当に、毎日ほど心痛むニュースが入ってきますね。
自分が子どもを持ってあらためて親のありがたみ
命の大切さを実感しています。
2006/11/26(日) 20:42:55 | URL | ぽこりん #.zfh79b6[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pocopoco3.blog72.fc2.com/tb.php/66-0bd1c37b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。