すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今現在、


二人目御懐妊なわたくし~~。


おめでとう(パチパチ)


なんですが、今回はドクターKに診てもらうことができません。
一人目を産んだ病院では今年の4月からお産の取り扱いがありません。
なぜか。


全国的に産院不足、産婦人科医(産科もやってくれる医師)が不足しています。
他の科にくらべて訴訟が多いことや、昼夜を問わない激務であることは
もちろん原因の一つになっているでしょうが、
急に産める所が少なくなってしまった大きな原因が
2004年からの研修医制度の変更なんだそうです。(聞きかじりです)
それまでは、卒業した大学に残って研修することになっていましたが
2004年からは自分の好きな病院を選択できるなったようです。
そうなると、今まで確保できていた研修医の数が足りなくなってしまう医大は
特に少ない産婦人科医の数を確保するために
あちこちの病院に派遣している医師を医大に呼び戻すことにしました。
そのために、医大の派遣医師のおかげで何とか切り盛りしていた地方病院の産婦人科は
医師が一人になってしまい、それでは四六時中の対応は無理!!
ってことで、産科を閉めてしまうところが続出してしまったのです。


上記の理由で、私が住んでいる市内の産婦人科は今年から産科を閉鎖してしまい
市内で産める場所はなくなってしまいました。
(もともとその産婦人科も長年の市民の要望で数年前にやっとできたばかりのものでした)
ドクターKが勤務していた病院はお隣の市にあったのですが、
ドクターKは何らかの事情でやめてしまったのです。


昨年、そのことを新聞の地方版をみて知った私。
子宮筋腫の定期検診も兼ねてドクターKに直接聞こうと3月に病院に行きました。


「新聞で見たんだけど、病院やめちゃうんだね」


「すいません。迷惑かけるんですが・・・」


「どこへ行くの?」


「○○市(他県)の病院へ」


「え~~!県内だったらまた診てもらおうと思ったのに」


「県内で医大の息がかかってない病院なんてないからね」


・・・辞める理由は聞けなかったけれど、↑でそれとなくわかってしまった気が。
おそらく、あちこちの病院で産科が閉鎖に追い込まれてしまうような
医大のやり方に反発したんかな。
医大に戻ることを拒否したことでこの病院にもいられなくなってしまったんだろうと思う。
私の推測ではあるんだけど。


ドクターKは誇りをもって産婦人科の仕事をしている稀有な医師の一人だと思うし、
そんな人を県外に出してしまうことがすごくもったいないと思う。
私が無事に自然分娩で出産できたのも彼が最後まで面倒みてくれたからだし、
(他の医師ならためらわずに帝王切開だったと思う)
できれば2人目の子どもも彼に取り上げて欲しかったなあ。


「じゃあ、私は次妊娠したらどこへ行けばいいの?」


「医大に行きなさい。リスクがあることはわかっているんだし、


 医師が一人しかいないようなところはお勧めできないよ」


彼のこの言い方も、言外に「もう安心してお産が出来るところは医大しかないんだよ」
という意味があったんだろうなあ。
その事実は4月以降、実感できるようになりましたが。


そのときの診察が終わった後、ちょっと泣きそうになりましたが
なんとか涙をこらえて


「どこにいっても、がんばってね」


もっと、今までお世話になったお礼をきちんと言いたかったけど言葉にならなかった。


「本当にお世話になりました」


といって、深々と頭を下げてくれたのはドクターKの方だった。
それをみて、本当に泣きそうになったのであわてて診察室を出たけれど
ひょっとしたらもう二度と会うこともないかもしれないのに、
愛想の無い別れ方だったな。


不思議な縁で私の子どもを取り上げてくれたK先生。
私はあなたの同級生だ、ということも誇らしいけれど
あなたのような医師に会えたことが何よりもうれしいです。
どの病院に行っても、身体を大切にして多くのお母さんたちに
幸せを運んでください。

スポンサーサイト
テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
コメント

普通でも医師には信頼出来る人が良くて
産婦人科医になればもっと信頼出来る人が良いのに
こういう”大きな力”によってそういう人が離れてしまうのは
残念でならないですよね。

ドクターKがまた別の方達の幸せを運ぶように
ぽこりんさんもまた素敵な出会いがありますように( ̄人 ̄)
2006/09/24(日) 12:45:04 | URL | しのめん #EL3iksec[ 編集]

あれ?妊娠中って、そんなこと今まで書かれてましたっけ?と思って、思わず過去記事見直してしまいました(^^;
おめでとうございます!
お体大事に元気な赤ちゃん産んでください!

それにしても、信頼できる先生がいなくなってしまうのは辛いですね。
私の住んでる市も出産可能な病院が1件で、しかも医師が1人!
エコーの準備したまま先生が病棟に呼ばれて1時間ほっとかれたことも(涙)
迷わず里帰り出産しました。
少子化少子化って言うけどこれじゃあ安心して産めないですよねぇ・・・
2006/09/25(月) 03:05:54 | URL | メグ #JsEnlCO2[ 編集]

おお!!おめでとうございます!!
2006/09/25(月) 12:31:49 | URL | ゆっち #zZBriTyc[ 編集]

>しのめんさん

一人目を産んだ病院は、先生だけじゃなくて
スタッフの皆さんも、お掃除のおばちゃんもいい人たちばかりで
病院にしてはアットホームな雰囲気をかもし出していて
よかったのに。残念です。
今は言われたとおり医大に通っています。
主担当らしき先生はいい人なんですが、出産時に
その先生にあたるかどうか、わかんないところが不安ですよね。

>メグさんへ

ありがとうございます~。
今のところ自分計算で8週目ぐらいです。
吐き気はないですが、非常に眠いです。
市内の妊婦さんはどこで産めば良いのか本当に困っています。
私が生まれた頃(第2時ベビーブーム)は産婆さんもいたし
産科の個人医院も結構あったんですけどね・・・。
なんとかしてほしいです。

>ゆっちさんへ

おお!!ありがとうございます。
いま37歳なんですが、40歳までに3人は難しいかな??
2006/09/26(火) 00:32:11 | URL | ぽこりん #.zfh79b6[ 編集]

おめでと~^^
家は貧乏なのでだめだな(ぇ

こっちだと結構産婦人科とかあるんだけどなあ(´・ω・`)
田舎だとないのかな(´・ω・`)

なんか、格差社会(地域のですが)を実感しました。
2006/09/27(水) 08:21:36 | URL | icchi #CjOAR8pM[ 編集]

ああ~でも東京でもあると言っても電車でちょこちょこ行かなきゃいけないなあ・・・
でもまあ、嫁が妊娠したときどこにしようかと選択してたから、選択のする余地はあったけども・・・
2006/09/27(水) 08:22:48 | URL | icchi #CjOAR8pM[ 編集]

icchiさんへ

ありがとうございます~。
田舎で人口が少ない→分娩件数が少ないので
もとから産婦人科のある病院がないっていうのが
そもそも問題なんですよね~。
助産院で産みたい!なんて夢のまた夢です。
(車で1時間ぐらい行けばありますが)
2006/09/29(金) 22:13:42 | URL | ぽこりん #.zfh79b6[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pocopoco3.blog72.fc2.com/tb.php/47-6d7aba35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。