すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝、破水して入院。
その日の夜11時ぐらいからやっと陣痛らしきものがやってきました。

あいてて~、おいてて~、ヒ・ヒ・フ~~

という感じで、まあまだ余裕がありましたが。
とりあえず、ナースコールを押して助産師さんに来てもらい
陣痛が始まったことを告げました。
その病棟は産科・婦人科と小児科が一緒になっていましたが
幸い妊婦さんの入院は私だけだったので
当直の優しい助産師さんは手があいている時間は
ほとんどずっとそばにいて腰をさすってくれました。


そうして、一睡もせずに夜が明けて
朝の診察で見てもらったら子宮口6cm!
おお!10cmまであと少しな感じじゃない。
当直の助産師さんも「あと少しだからがんばれ!」といって
帰っていきました。うん、がんばる。
朝方になると、(というか、深夜の時点ですでに)
かなり陣痛は強くなってきていて、
つきそってくれているダンナの手をぎゅぎゅぎゅっっっと握って

いてーよー。いてーよー。ヒ・ヒ・フ~~~ゥゥゥ・・・(後半力なし)

と、うなっておりました。
これよりもっと痛くならなきゃ赤ちゃん出て来れないのにどうするんだ私。


朝食も食べる気力がなく、牛乳だけ飲んでいましたが
ふと気がつくと昨日もついてくれた学生さん&私の母に囲まれていました。
・・・時間の感覚なんてどっかにいっちゃってます。
学生さんに腰をさすってもらったり、陣痛の無い間に足浴をしてもらったり
お水を飲ましてもらったり、団扇で扇いでもらったり・・・・と
かなりいたれりつくせり。
次に気がついたときには看護学校の先生や病棟の看護師長さんまでついて
ああしたほうがいい、こうしたほうがいい、とアドバイスをくれています。
学生さんに担がれるようにして廊下を歩かされたときは
「ちょっと勘弁して~~」と思いましたが。


それでですね、学生さんたちも帰った夕方の内診の結果がですよ

「う~~~ん、子宮口6から7cmってとこかなあ」(byドクターK)

って、なんなんですか。

「え~~~!あんなに痛いのがまんしてるのにぃ~~~???」

と思わず非難がましく言ってしまった私に


「ま、朝から今までの分はナシってことで」

(この瞬間だけ同級生だったぞ)


なんじゃいな。学生さんと私の努力は無駄だったんですか。
っていうより、いたれりつくせりだったのがいけなかったのか。
ともあれ、診察のために上った分娩台から
本当は隣の陣痛室に移動しなければいけないんだけれど
その結果を聞いて脱力&痛みがますます強くなってきた私は分娩台から降りられず。
他に出産予定の人がいなかったので、そのまま分娩台でがんばることになりました。


この病院、ドクターKの方針なのか
病院にしてはめずらしく、出産前の前処置が全くありませんでした。
たいていは陣痛が始まって入院すると
(1)剃毛(ていもう)・・・つまり毛をそること。
(2)浣腸・・・直腸を空にすることと刺激をあたえることで陣痛を促すんだそうな。
(3)ルート確保・・・分娩中に何かあったら輸液や輸血が必要になることもあるので
            あらかじめ24時間点滴を入れておくこと。
以上の3点セットがあるものと聞いていたのですが、「しないよ」とドクターKに言われました。
さらに、「陣痛促進剤もできるだけ使わない」「会陰切開も基本的にしない」と言われ
かなりびっくり。
さすが、アクティブバースの本とか置いてある病院だけのことはあるわ。
(ドクターKが目指しているのはそこなのかなあ>アクティブバース)


それはともかく、、この日はラッキーなことにドクターKも
もう一人のN先生もいたので万全の体制でお産に臨める私ですよ。
しかし、ウンウンうなっている割には中々進まないんですよ。
なので、まだ続くんですよ。

スポンサーサイト
テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pocopoco3.blog72.fc2.com/tb.php/43-59a5c46c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。