すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産予定日の翌日。
朝から破水。
何かあったら帝王切開にするよ、とドクターKは言ってたけど
この場合は?


「破水したらそのうち陣痛が来るから
 まあ、しばらく様子をみましょう」


しばらくってどのくらいよ。
あくまでも基本は自然(経膣)分娩なわけですね。


で、入院する部屋に通されると
産婦人科病棟の看護師長さんがやってきました。。
いったいなんでしょうか。


「いま看護学生が実習に来ているんですが
 担当に何人かつかせてもらっても良いでしょうか?」


ううぅ。やはりきましたか。
この病院、付属の看護学校がありまして
おりしも実習のシーズン中。
おそらく学生さんに遭遇するだろうなと予測はしていました。
私も看護学生時代、何人もの患者さんにお世話になっています。
どうして断れましょう。


それにですね。
もともとそれほど分娩数が多い病院ではないんですが、
(地域の中核病院なんですが、お産の取り扱いがあることを
 あまり知られていないという実情が・・・)
私の入院前10日間ほど、お産が全くないというめずらしい事態になっていました。
Oh!少子化。
なので、現在のところ、入院している妊婦さんは私一人ですよ。


さっそく、二人の看護学生さんが来てくれました。
色々と話をしながら体温を測ったり、血圧を測ったり、
まだ陣痛が来ていないので気楽なものです。
破水しているので感染予防の抗生剤を飲んだり、
分娩監視装置をつけられたりはしましたが
そんなにこれからお産が始まるんだ!という緊張感はありません。
でも、いつ陣痛が来るかわからないので
とりあえずダンナにはずっとそばにいてくれるように頼みました。


そんなこんなするうち、夜の11時。
なかなか寝付けずにいましたが、ようやくウトウトし始めた頃
きましたよ、きましたよ。
ぎゅぎゅぎゅぎゅぅ~っとひどい生理痛のようなものが。
ヒ・ヒ・フ~~ですよ。
やっぱり自分で産まないといけないのね~~。

スポンサーサイト
テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
コメント

ひ・ひ・ふー・・・
妻は全く役に立たなかったと申しておりますが・・・
ぽこりんさんはどうだったのかな~^^;
2006/09/10(日) 09:14:34 | URL | icchi #CjOAR8pM[ 編集]

まあ、気休め程度に・・・・。
>ヒ・ヒ・フゥ~~
2006/09/12(火) 04:18:43 | URL | ぽこりん #.zfh79b6[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pocopoco3.blog72.fc2.com/tb.php/42-4995242d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。