すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟君が水ぼうそう発症あたりから仕事で遅くまで帰ってこないダンナ。
私一人だと普段でも子ども二人をお風呂に入れられないのに、
弟君だけ先に出してとか(長風呂させられないので)そんなの無理無理・・・
というわけで、なかなかお風呂にも入れない私たち。
日曜日も仕事で遅くなってしまったダンナは申し訳なく思ってか、
火曜日、早く帰ってきて家族全員無事にお風呂に入ることができました。
その日は私が子どもたちと一緒に先に入って、
ダンナが最後に入りました。

で、昨日(水曜日)の朝からお姉ちゃんが謎の発熱。
ダンナの帰りも11時過ぎと遅かったのでお風呂には入らずじまいでした。
さて、今日の朝。
ダンナも仕事に行って、まだ熱のあるお姉ちゃんと水ぼうそうでも元気な弟君が
おとなしくテレビを見ている間に顔を洗おう~と
洗面所に立った私。
なにげなくお風呂場のドアをみると水滴が・・・・
もしや、と思いドアを開けて中をみると案の定


浴室の窓がしめっぱなし。


そして、上を見上げると
(うちの浴室の壁はタイル張りなんですが上のほうだけ白い壁なんです)


黒いものが点々と・・・・・


うわ、やられた・・・・・。

実は、以前にも
弟君が入院して、私も付き添いで1週間ほど家を空けていたときに
同じように(そのときはもっとひどかったか)
浴室の白い壁がカビたんですよ。
当然、窓は閉めっぱなし。
お湯も抜いてなかったかも。

今の家に来てからずっと、最後にお風呂に入ったら
●お風呂のお湯を抜くこと(特に子どもができてからは危ないので)
●窓を開けておくこと
は、何度も注意しているんですよ。
でも、ダンナはしょっちゅう忘れていて
そのたんびにガミガミ言ってるんですけどね。
ダンナにしてみれば「なんでそんなこまかいことで怒るんだ」ぐらいにしか
思ってないのかも。

でもね、
弟君と病院から帰ってきて
「やれやれ、やっとゆっくりお風呂に入れる」
と思って開けた浴室が黒かびだらけで
そっから泣きそうになりながら脚立に登ってカビキラーふりまいて
シャワーで流したら、そのあと腕が筋肉痛で吐きそうなほど痛くなったりとか
もう本当に大変な目にあった私にしてみれば
全然「こまかいこと」ではないんですけどね。

それで今日も閉まっている窓と黒かびを見て泣きそうになった私。
黒かびの掃除はダンナにしてもらうことにして、
とりあえずブログに書いてやる!と言ったら
「ブログに書いておいてくれたらオレも忘れないと思う」
とダンナが言うのでこうして書いて残しておきます。

最後にお風呂に入ったら必ず窓は開けておいてください。
あ、それと
朝、シャワーを使った時も同様に。
よく忘れています。

スポンサーサイト
テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pocopoco3.blog72.fc2.com/tb.php/235-60a128c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。