すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘が生まれる前から


「女の子が生まれたら、たとえどんな容姿であろうと


 かわいい、かわいいと言いつづけて育てる!」


と、宣言していた私ではありますが・・・。


そもそも、なんでそんなことを言っていたかというと、
小学校にあがる頃ぐらいまでは近所のお姉さんたちからもかわいいと評判だった私。
なぜだか、大きくなるに従い
花柄のワンピースを着ていても、百貨店の店員さんに男の子と間違われるほど
男らしい女の子に育ってしまいました。
まあ、体格が非常によかったせいもありますが・・・。
周りから男の子によく間違われるようになると、母親までもが
自分の娘をかわいいとは言わなくなり、着せる服もボーイッシュなものに変わり、
いつの間にか「かわいい」という言葉は私からは縁遠いものとなってしまいました。


そんなこんなで、ややこしい思春期を迎える頃には
すっかり自分でも「かわいい女の子」になることに嫌悪感を覚えて、
まあ素直じゃないひねくれものに育ってしまいました。
今から思えば女の子らしい、色んなことをし損ねたなあ・・・・と後悔もしているわけなんですよ。


だもんで、我が娘には自信を持って「かわいい女の子」を目指して欲しい。
と、そう思っているんですよ。


まあ、だからといって
普段の生活で「かわいい、かわいい」と言っているのは
ナチュラル~に親バカ心からで、
そんなに女の子女の子した格好をさせているわけでもなく
(保育所に行くようになったら、基本ズボンですしねえ)
髪も夏場にバッサリ切ってもらったし、
(保育所に行ってると切れって言われるしねえ)
特別、「かわいい女の子」になるような努力は現在しておりません。



なのですが。



最近の娘、
「かわいい」と言われることが心地よいらしいです。
また、見た目にかわいいものがあると必ず「か~いいねえ」と言います。


ずい分前、髪をバッサリ切る前に邪魔な前髪をとめるのに買った
イチゴだの、花だの、くまさんだのがくっついた髪留めをどこからか探し出してきて
「くらさい~(「くしゃさい」よりも「ください」に近くなってきました)」
と差し出して、寝る前だろうがなんだろうが
意地でも頭につけさせたりするんです。それも2つも3つも。
さらに、その格好をついていないテレビに映して(部屋に鏡がないので)
「か~いいねえ」とご満悦なんですよ。


ふしぎふしぎ。
おもしろいもんですね。

スポンサーサイト
テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pocopoco3.blog72.fc2.com/tb.php/106-1edfffa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。