すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の新聞に日本医師会の広告?がありました。


「今、日本の産婦人科・産科の半分は


 お産を受け入れられない、という事実があります」


という衝撃的な一文から始まるものです。


多くの地方でも同じことが起きているのかもしれませんが、
私の住んでいる地域でもおそろしい勢いで
お産のできる場所が減り続けています。


個人の病院で、医師の高齢化が原因という事情のところもありますが
町立病院、県立病院という比較的規模の大きい病院での
産科閉鎖が相次いでいます。
私の住んでいる県は北部と南部の人口差が大きく
南部にあった病院の産科がなくなってしまったため、
妊婦さんが健診に通うにも、くねくねした山道を1~2時間以上
運転しないと病院にたどり着けないという事態になっています。


私の現住所地はそれほど不便なところではありませんが、
以前にも書いたように、市内でお産ができるところはありません。
近隣の市町にある病院も患者数が急増しているため、
妊娠がわかったら早めに受診しないと、お産の予約がとれない状況です。


私の職場は保健センターですが、
この1年で問い合わせや苦情が多かったのは
お産に関すること。
転入された妊婦さんが病院を見つけられない、
里帰り出産希望で帰ってきたのはいいけれど、受け入れてくれる病院がない
ということで、やり場のない怒りを
うちの窓口にぶつけられる方も一人や二人ではありませんでした。
母子手帳を取りに来られるときも、私たちが一番気になるのは
「お産時の病院がちゃんと決まっているかどうか」です。


少子化対策。
この言葉を初めて聞いたのは、もう何年も前の話です。
本気で少子化対策がとられてきたのなら
今現在、こんな事態には陥らなかったのでは?


私もやり場のない怒りをこんなところでしか
吐き出すことができません・・・。

スポンサーサイト
テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pocopoco3.blog72.fc2.com/tb.php/104-05cbfdee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。