すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年明けからインフルエンザ、水ぼうそうと
もれなく流行りものをもらってしまった娘&息子。
水ぼうそうが治った頃に性質の悪い風邪もひいて
なんだかほとんど家にこもりっぱなしだった3ヶ月でしたが、
ここ最近、やっとこさっとこ
二人とも元気になりました。

保育所のほうでは無事修了式も終わり、
明日からは希望保育(希望者のみ登園)。
私も今の職場での仕事は3月いっぱいで終了です。
4月からはまた別のところでパート保健師なんですが、
今のところより遠いので、朝はもっと早く起きるようにしないと・・・。
できるんか???

いろんなウイルスに感染しぱなっしだった弟君。
ウイルスのおかげで進化したのか、
成長目覚しいです。
で、色んな言葉をインプット中なんですが
とても便利な言葉を覚えました。

「なに?」と「ぶくたい!(ぼく、したい!)」です。

ぶくたい!の方はですね、
初め何をおっしゃっているのか、よくわからなかったんですよ。
なんやら「ぶくぶく」言ってるなあって思ってたんですが、
状況を考えると自分が何かをしたいときに言ってるようなので
おそらく上のような意味だと思います。

なに?の方はですね、
体調がよくなってきた頃に覚えたようで
早く寝て欲しいのに、子ども図鑑を引っ張り出してきて
夜中の12時ごろ
「なに?なに~~~?」と色々指差して聞くんですよ。
こっちが眠くなってきてウトウトしていると
「かっしゃん、かっしゃん(ペチペチ←顔をたたく)
 なに?なに~~~~~??」
と、お聞きになるので本当にいいかげんにして欲しかったです。
2,3日前からやっと早く寝るようになりました。

そんな弟君が大好きなのは

ちょうちょ!!
かんしぇん!!!(新幹線)
ぼんぼ!(とんぼ)
こーきー!!(飛行機)
ぽぽ!!(たんぽぽ)

他にも色々と言えるようになっているんですが、
上記の言葉はいつも叫ぶように大きな声で言ってくれます。

お姉ちゃんのほうも進化したのか
もうずい分前にテレビで見たネタを突如として思い出すようで
今朝も弟君に
「お~べ~かっ!!」
と、突っ込んでいらっしゃいました。

スポンサーサイト
テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

一昨日から熱があって保育所をお休みしているお姉ちゃん。
昨日の日中はそれほど熱もなく、食欲もそれなりで元気だったから
「明日は保育所に行けるね」とか言ってたのに
昨夜から40度に迫る勢いで発熱。
今朝になってもあまり変わらずなので、いつもの診療所に行くことにしました。

そろそろ水ぼうそうも乾いてきた弟君も
登園許可をお医者さんに書いてもらわなければいけないので
一緒に連れて行かなければいけません。

多分抱きかかえていないと自分では座っていられなさそうなお姉ちゃんと
多分一時もじっとしてはいないだろう弟君・・・・
そんな二人を抱えて誰の迷惑にもならず診察を待つのは難しいのでは、
と思い、ダンナにその旨を伝えると
「オレ、今日は仕事絶対に休めないよ」と
予想通りのお答え。
仕方がないので実家の母に助けを求めました。
忙しいのに来てくれてありがとう!!
本当に助かった。

で、やっぱり予想通り
お姉ちゃんはぐったり&ぐずぐずだし
弟君は待合の床を転げ回って遊びだすし
えらいことに。

母にも
「そんな熱が高くなるのってインフルエンザじゃないの?」
と聞かれたんですが、我が家は一応インフルエンザA型に感染済み。
「でも、型が違ったらうつってるんじゃないの?」
そうだよね、確かにね。
診療所の先生にも
「いまB型のが流行ってるからね~」と言われ
またもや鼻に長いめん棒を突っ込まれ、痛い思いをしたお姉ちゃん。
(前回のインフルエンザの検査もお姉ちゃん一人が犠牲に)
幸い、というかなんというか
インフルエンザではなかったようです。

今のところ、もらったお薬を飲んで
二人仲良くすよすよと寝ています。
がんばって早くよくなって~~。
お母ちゃんずっと仕事に行けてないよ~~~~。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

弟君が水ぼうそう発症あたりから仕事で遅くまで帰ってこないダンナ。
私一人だと普段でも子ども二人をお風呂に入れられないのに、
弟君だけ先に出してとか(長風呂させられないので)そんなの無理無理・・・
というわけで、なかなかお風呂にも入れない私たち。
日曜日も仕事で遅くなってしまったダンナは申し訳なく思ってか、
火曜日、早く帰ってきて家族全員無事にお風呂に入ることができました。
その日は私が子どもたちと一緒に先に入って、
ダンナが最後に入りました。

で、昨日(水曜日)の朝からお姉ちゃんが謎の発熱。
ダンナの帰りも11時過ぎと遅かったのでお風呂には入らずじまいでした。
さて、今日の朝。
ダンナも仕事に行って、まだ熱のあるお姉ちゃんと水ぼうそうでも元気な弟君が
おとなしくテレビを見ている間に顔を洗おう~と
洗面所に立った私。
なにげなくお風呂場のドアをみると水滴が・・・・
もしや、と思いドアを開けて中をみると案の定


浴室の窓がしめっぱなし。


そして、上を見上げると
(うちの浴室の壁はタイル張りなんですが上のほうだけ白い壁なんです)


黒いものが点々と・・・・・


うわ、やられた・・・・・。

実は、以前にも
弟君が入院して、私も付き添いで1週間ほど家を空けていたときに
同じように(そのときはもっとひどかったか)
浴室の白い壁がカビたんですよ。
当然、窓は閉めっぱなし。
お湯も抜いてなかったかも。

今の家に来てからずっと、最後にお風呂に入ったら
●お風呂のお湯を抜くこと(特に子どもができてからは危ないので)
●窓を開けておくこと
は、何度も注意しているんですよ。
でも、ダンナはしょっちゅう忘れていて
そのたんびにガミガミ言ってるんですけどね。
ダンナにしてみれば「なんでそんなこまかいことで怒るんだ」ぐらいにしか
思ってないのかも。

でもね、
弟君と病院から帰ってきて
「やれやれ、やっとゆっくりお風呂に入れる」
と思って開けた浴室が黒かびだらけで
そっから泣きそうになりながら脚立に登ってカビキラーふりまいて
シャワーで流したら、そのあと腕が筋肉痛で吐きそうなほど痛くなったりとか
もう本当に大変な目にあった私にしてみれば
全然「こまかいこと」ではないんですけどね。

それで今日も閉まっている窓と黒かびを見て泣きそうになった私。
黒かびの掃除はダンナにしてもらうことにして、
とりあえずブログに書いてやる!と言ったら
「ブログに書いておいてくれたらオレも忘れないと思う」
とダンナが言うのでこうして書いて残しておきます。

最後にお風呂に入ったら必ず窓は開けておいてください。
あ、それと
朝、シャワーを使った時も同様に。
よく忘れています。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

無事にというかなんというか、
弟君も水ぼうそう発症です。

先週の土曜日の夜、背中に二つばかり
もう水泡になっている発疹をみつけまして
翌日、またもや小児科もある近隣市の休日診療所のお世話に。
今日はいつもの診療所で診てもらいました。

今のところ熱はそれほどなく、元気にすごしていますが
お姉ちゃんのときよりも発疹が多く出ていて
「かい~、かい~」とかゆがっています。
先生いわく、
「兄弟でうつると、一人目よりも二人目のほうが
 結構ひどく出ますよ」
と。根拠があるんだかないんだかなあ。

ここのところお天気がいいのですが、
雨続きのときに使っていた長靴と傘(お姉ちゃんのおさがり)が
たいそうお気に召した弟君、
どこへいくにも「かしゃ、かしゃ(傘のこと)」と
傘を引きずって歩いています。
昨日も休日診で若い女の子に「かわいぃ~~」と人気者。
よく見れば水ぼうそうの薬を顔や頭にぬりたくられて
ひどい有様だったんですけどね。

最近言葉が増えてきて、それとなく二語文も出てきている弟君。
言うこともきかなくなってきたので
お母さんに大きな雷をくらうこともしばしば。
あんまりよくないとは思いつつも、ご飯を食べようとしないときなどは
縁側から外に放り出したりもします。(そばにはいますけど)
そうすると、「かしゃん、ぽい、たあ(母さんがポイっとした)」と
状況報告してくれるようになりました。
もうじき(4月末で)2歳だもんな。早いものです。

弟君受診の間、お姉ちゃんの方は
おばあちゃん&いとこ達と一緒に
つくし取りにいったり、公園に連れて行ってもらったりと
有意義な一日を過ごせたようです。
何年か後には実家の近くに高速道路が整備される予定なんですが
それができたら「つくし取り」なんてできないんだろうなあ。
実家の近くということは、私の家からも近くになるわけで
私たちの周りにある、こののどかな田園風景は
大きく様変わりしてしまうんでしょう。
便利にはなるのでしょうが、なんだか悲しいです。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。