すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はチャイルドシートのカバーを洗いました。


子どもが二人になって、まずどうしようか悩んだものが
「チャイルドシート」。
いずれにせよ、もう一つ必要なんですが
今まで娘が使っていたものは新生児から幼児まで長く使えるものなので
だんなと相談した結果、
娘用に幼児用のものを買い足すことになりました。
弟君にはお姉ちゃんのお下がりです。


で、お姉ちゃん用に買ったのは
「トラベルベスト」というチャイルドシート。
アメリカ製のものなんですが、いかにもアメリカさんらしい
オオザッパーなつくりで、安全性に問題はないようですが
使い心地とかそういったものは余り考慮されていない感じの代物です。
まあ、なんとか今のところ娘から文句は出ていませんが。


で、お下がりチャイルドシートのほうは
約2年間つけっぱなしで、しかもお姉ちゃんその上で


おかし食い放題


だったので、ものすご~~く汚れていました。
お風呂でちゃぷちゃぷと踏み洗いしたのですが、
あっという間に色づくお水・・・。
カバーを外した骨格の方にも埃が積もっていました。


まだ乾いていないので干しっぱなしですが、
明日には車に設置できるかな。
来週、弟君も初予防接種(BCG)に行く予定なので
そのときが初チャイルドシートになるのかな。
お出かけもしたいけど、夏は暑いもんね~。
涼しくなったらドライブしようね。

スポンサーサイト
テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

昨日の選挙結果はある程度予測されていたとはいえ
すごいことになりましたね。
これで少しでもいい方向に政治の流れが変わってくれることを
期待します。


 


と、まあ
真面目な話はここまでにして
ちょっと怖い話を。


 


実は私の家


でるんですよ・・・・




あれが・・・・・。




夏といえば恒例の・・・・・・・



見ると背筋がぞぞっとする・・・・



身の毛もよだつ・・・・・・・




黒光りするあのボディ~~



そうなんですよ。
ここ連日、でっかいゴキブリと遭遇しているんですよ。
私が。(なんでダンナじゃないんだ!!)


前に住んでいたところは冬の気温が低くて越冬できないので
大きなゴキブリというのはほとんどいなかったんですよ。
(小さいのはたまに見た)
なので、こっちに住むようになって久しぶりに大きいゴキブリを見た時
「山奥でコンビにもなくてすご~~~く不便だったけど
 前の家のほうが良かったよ~~~~」と
心の底から思いました。


で、ゴキブリが大嫌いな私。
出会うと


 


きゃああああああああ!(息継ぎ)


きゃあああああああああああ!(息継ぎ)


きゃあああああああああああああああ!!(終了)



と、息継ぎしながら3回は叫んでいるそうで
ダンナは「ゴキブリよりもあんたの声にびっくりするわ」と
あきれています。


なんだかゴキブリに好かれているのか
小さい頃からお風呂に入る前(つまり裸)、背中にくっつかれたり
寝ているときに耳のそばでこそこそされたり
押入れで探し物をしているときにぎゅっと握ってしまったり・・・・
と、彼とはろくな思い出がありません。


ともかく、私の知らないところで存在しているのは構わないのですが
目の前に現れないで欲しい。と、切に願う今日この頃なのです。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

7月29日(日)は参議院選挙ですね。


みなさんぜひ投票に行ってくださいね!!


 


選挙があるたびにTVなどで報道される投票率の低さにびっくりします。
私が以前勤めていたのは小さな山村(人口1000人ちょいぐらい)でしたが、
そこでの選挙というのは村の一大イベント。
とくに、村長や村議会議員を決める選挙ともなれば
入院中だろうが、村外の息子・娘の家に滞在中であろうが
村中のお年寄りが役場に期日前投票に来られていました。
投票率は96%ぐらいあったと記憶しています。
(投票率100%の地区も当然いくつかありました)
国勢選挙のときでも90%ほどあったように思います。


田舎での選挙に対する関心の高さというのは
政治に関心があるかどうかというよりは
「今回出馬しているあの人には昔から世話になってるから」とか
「わしの近所の人が出てるから応援せにゃ」というような
人付き合いのからみがほとんどですが、
それでも、ほぼ100%の投票率というのはすごいなあ・・・と
選挙事務にあたっていた当時は感心しました。


それに比べて、
http://www.jiji.com/jc/e?g=e04&k=hayawakari-04

前回2004年の参院選の投票率は56.57%だそうです。
半数近くの人が選挙に行ってなかったんですね。


選挙権って国民に与えられている数少ない権利の一つですよね。
それを行使しないのはもったいない!
今回の選挙ほどある意味「おもしろい」選挙って中々ないですよ。
日本の歴史が動く瞬間に立ち会える機会かもしれません。
今の社会はちょっと変じゃないのかなあ・・・と感じている人は特に!!
今回の選挙は絶対に行ってほしいです。


私とダンナはとりあえず選挙権を持つようになってから
毎回投票に行ってます。
いままで行ったことないという人も行ってみて下さい。
そんな時間がかかるものではないですし、
投票した後のニュースをドキドキしながら見ることができますよ。



アクセス数がほとんどない私のブログですが、
こられている方は育児に忙しいor妊娠中で大変な人が多いと思いますので
あえて書かせていただきました。
選挙行くのってちょっと面倒だなあ・・・と思われるかもですが、
子どもたちの未来のためにも投票に行きましょう。
日曜日はダメよ!(古!!)という人でも、
明日期日前投票ができますよ。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

夏休みですね。


ウチの娘も実は今週から夏休みです。
保育所なので、希望すれば預かってもらえるんですが
娘が保育所に行くためには
お迎えの時間帯に実家の母に来てもらわないといけないし、
(弟君を連れて行けばいいんでしょうが、
 できれば首が据わるまで車に極力乗せたくない)
今私は仕事せずに家にいるので「預かって欲しい」と言いにくいし、
というわけで、四六時中子ども二人と過ごしています。


といっても、元々そんなに出来のいい母親ではないので
かなりぐうたらな生活。
育児系の雑誌などを見ると、
赤ちゃんでも毎日決まった時間にお散歩(in ベビーカー)とか
夏だったらお家の庭で水遊びとか
ちゃんと子ども(赤ちゃん)の相手をされているお母さんたちが多いのねと思いますが
娘が赤ちゃんだった時でも
そんなことしたことないねえ・・・・。
(お散歩というか、近くの実家までベビーカーで押しかけるのはよくしましたが)


なので、子どもが一人増えた現在
夏休みに入ってからほとんど外に出ていません。
言い訳がましいですが、歩いていけるところにお店もないし、
家のすぐそばにある公園も今の時期は草がぼうぼうで
蚊に刺されに行くようなものなんですよ。
それに、どんなにしても言うことをきかない娘を
弟君(in ベビーカー)と一緒に連れ出して
事故なく無事に連れて帰る自信が全くありません。


普段は保育所でめいっぱい遊んでいる娘が家の中にずっといるとどうなるか。
・朝、お父さん出勤時に目が覚めても保育所に行けないので二度寝する。
 (昼まで寝ている)
・消費カロリーが少ないのでお腹が空かない。なのであんまり食べない。
・お父さんが帰ってきたら遊んでくれるので夜遅くまで起きている
 (夜2時すぎまでたいてい起きている)
というような生活パターンになっています。
家の中で遊ぶにしても、限界があるしなあ・・・。


ちょっとは外へ出ようか、ということで
今日は蚊に刺されるのを覚悟で近くの公園に行ってきました。
公園にはブランコとすべり台があるのですが、
娘はブランコにはまだ乗れません。
すべり台で遊ぼうと近寄ったのですが、
先日の大雨で木の葉がいっぱい落ちたうえに鳥の糞もいっぱいあって
これはちょっとなあ・・・・と思い


「今日はおうちに帰ろう。すべり台、むいむい(虫)がいっぱいだよ」


というと、むいむい大嫌いな娘は
「むいむいいやん~~」と手で目を覆って
一目散に家に帰ってくれました。
ごめんね。せっかく外にでたのにね。


今度から雑巾持参で公園に行こう。
あと虫除けと。


にしても、子どもと遊ぶの苦手だなあ。
世のお母さんたちは子どもとどうやって遊んでるんだろう・・・。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

昨日はダンナの誕生日だったのですが、
かろうじてケーキを買ったぐらいで
誕生日らしいことは何も・・・ゴメン。



できるだけ怒鳴ったり、はたいたりしないようにと思いつつ
1日に1回は娘に対して怒っている私。
最近は娘からよく頭をはたかれます。
ダメだなあ・・・気をつけないと。


で、日に日に言葉が達者になってきている娘は
私に怒られると、ちょっと間をおいて


「おかあさんなあ(「ちゃーちゃん」から進化しています)


 『こらー』ていうてなあ


 『ぺチン』てしたなあ」


と、私に報告するんですよ。
ちょっとまて。
今日はぺチンはしてないぞ。虚偽の報告をするんじゃない。


まあ、相変わらずわがままはひどいんですが
可愛いです。(親バカ)
どんなに怒られても


「おかあさん、すき~」


と、抱きついてくれますし(涙出そうになりますよ)
弟君にも「すき~」といってくっついています。
迷惑じゃないのかなあ、と思うほど
姉ちゃんがくっついたり触ったりするんですが
弟君のほうもお姉ちゃんが「すき~」みたいです。


そういえば、お風呂の件ですが
最近は娘が「おかあさんとはいる」と言ってきかず、
さらに「おととも~(弟も一緒に入る)」と言って引かないので
ダンナが帰ってきてから私が子ども二人と一緒に入っています。
いっそ家族4人で一緒に入れればいいんだけどね。
(まだ外で一人、着せ替え係が必要なので・・・)

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

大阪で借金などからの生活苦で
子ども二人と妊娠8ヶ月の奥さんを道連れにした
一家心中がありました。
なんともやりきれない事件です。


ご主人の携帯には「妻とも話し合って(心中を決めた)」と
遺書めいたことが書かれていたようでしたが
ニュースでみていたダンナは
「ほんまか?ほんまに奥さんと話し合ってこの結末か?!」
と憤っていました。
奥さんが子どもと自分の中にある小さな命まで犠牲にすることを了承した、ということが
ダンナには理解しがたいことのようでした。
私も同じ気持ちです。


今はなんとも息苦しい時代です。
実家が自営業なので家族経営規模の中小・零細企業が
ここ数年でどれほどの煮え湯を飲まされているか
多少はわかるつもりです。


でも、命を捨ててはいけません。


死ぬ覚悟があるならそのエネルギーを生きる方向へむけてください。
ましてや、家族を、小さな子どもを犠牲にすることは
人として許されることではありません。
その子にはきっと輝く未来があったはずです。


そして、いまはどうしようもないと頭を抱えているあなたにも
明るい日がさすときが
きっとやってきます。
明けない夜はないんです。


ひとりひとりに
たった一つのかけがえのない命です。
大切にしてください。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

弟君が新生児の頃はベビーベッドで寝かせていましたが、
最近はダブルの布団に家族4人並んで寝ています。
狭いので、端っこに寝ている私はたいてい畳の上で寝ていますが・・・。


4人のうち2人は子どもとはいえ、この状態
かなり狭苦しいです。
その上ですね、ダンナと娘の寝相がひどいんですよ。
私の母は「何かあったらどうするの」と怒るんですが、
弟君が隣にいないと娘は寝付かないし、
夜中目が覚めたときにも「おとと~~~」といって探すので
一緒に寝かせている方がある意味楽です。
ただ、娘やダンナの下敷きにならないかと心配で母ちゃんは寝不足ですが。


娘はともかく、ダンナの寝相には腹が立ちます。


子どもを下敷きにしない配慮はしているようですが、
後から寝る人のスペースを確保しようという気はさらさらないようで、
今日は私が弟君をお風呂に入れている間に
先に眠ってしまったダンナにお布団を占有されています。
(ダンナより先に寝ていた娘は辛うじて居場所を確保)


布団の対角線上に手足を伸ばして寝られると
もうどこにも寝る場所がないぞ(怒)。
寝る前にもうちょっと考えてから寝てくれ。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

前回書いたように反抗期真っ盛り&わがまま全開の娘。
今日も「夕ご飯食べようよ」と言うと
返事もせずに寝たふりをしてそのまま寝てしまっています。
ダンナが帰ってきたときに起こしたのですが
怒って泣いて、再び眠っています。
また夜中に起きるのかなあ・・・。



仕事上(育児支援、母子保健)で育児不安のあるお母さん・・・というか
育児不安に陥りやすいだろうとされる条件の一つに
「一人目出産」というのがあります。
一人目の出産後は色々なことが初めての経験になるので
確かに不安は不安ですが、自分が実際二人目を出産してみて
感じること。



一人目より二人目の方がやばくねぇ?



私自身は弟が6歳下ですが、
2,3歳違いぐらいの兄弟のほうが多いと思うんですよ。
家族計画(最近はそんなこと言わないのかなあ)上、
それぐらいの年の差で・・・と考えている人も多いと思う。


大きくなってくれば年の差が近い方が色んな面でメリットがあると思いますが、
(一緒に遊ぶ、PTAやってる期間が短くてすむなど)
小さい間、特に下の子が生まれてしばらくの間は
上の子にも手がかかるし、とにかく大変ですよ。
私のように上の子との関わり方に悩む人も多いと思うし。


どういう条件であろうと育児支援というのは必要ですが
二人目出産後のお母さんも育児不安に陥りやすいということを
肝に銘じておこう。



それにしても、
早朝4時ぐらいに大泣き&大暴れして
抱っこしようとしても「いやああああああ!!!」
離れて寝ようとしたら「かあちゃああああああん!!」
と叫ぶのはどうしたらいいもんだか・・・・。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

私は自分で言うのもなんですが、他人から見た評価は


「人当たりがいい」


「優しくて思いやりがある」


「人付き合いがいい」


・・・など、かなり良い人っぽい感じなんですが
実は昔から母親に「二重人格」といわれていたほど
内と外では性格がまるで違います。


職業も「保健師」なので多分周りからは
そこそこ良いお母さんだと思われているのかもしれませんが


全然。


最近、自分でもヤバイと思うくらい娘を怒鳴りつけています。
手も出ます。


もともと沸点が低くダンナからも「瞬間湯沸かし器」と命名されているほどですが、
弟君ができたことで、さらに時間等の余裕がなくなり
そのしわよせがみんな娘にきている感じです。


また娘も私に似て頑固なんですよ。
へそを曲げるとうんともすんとも言わないです。


今一番苦痛なのがご飯時です。
ちょっと前まで怖いくらいもりもり食べていたのに
最近は自分の好きなおかず(トマトや人参)だけパクパク食べると
あとはご飯の上にかけたふりかけ(白ご飯だと食べない)をつまんで食べて


「もういいの~」「ごそうさま(ごちそうさま)」


といって、食事を終えようとするんですよ。
「もっと食べなきゃダメだよ」といって食べさせると
なんとか盛り付けた分ぐらいは食べるのですが
遊びながらなのですんごく時間がかかります。


そうこうしていると、たいてい弟君が泣き始めるので
イライライライラ・・・・・としてしまい、
必要以上に娘に辛く当たってしまうんです。


他の場面でも、私が「こうして」ということを
素直にきいたためしがありません。
その度に怒鳴りつけ、カーッとなると頭をはたいてしまいます。


うちの場合は、ダンナが優しいので
時間の許す限りは娘がする気になるのを待ってくれますし、
わがままをいってもできるだけ娘にわかるよう
説得をしてくれます。
なので、まだ救いがあるんですが・・・。


娘にしてみたら、私に抱っこをしてもらったり
一緒に遊んでもらったりして構って欲しいのに
ただシステマチックに食事や風呂や着替えのときぐらいしか
構ってくれなくなったのでさみしいんだろうな・・・とか、
怒鳴ったところで事態は全く解決しないのにな・・・とか
冷静に考えればわかることなんですけどね。


今回は自戒のためにこんなことをダラダラ書いていますが、
もし私と同じようなことで悩んでいるお母さんがこれを読んでくれたらと思います。


Nobody’s Perfect


そう。
完璧な親なんていないんです。
私自身にも言い聞かせます。
娘と向き合う日々、それは自分の弱さと対峙する日々でもあります。
私だって、できれば優しい母親になりたい。
自分自身をコントロールできるように、少しずつでもがんばっていこうと思います。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

やっと、やっと


やりとげましたよ!!


 


ビリーズブートキャンプ!!!


 


昨日(金曜日)は娘が保育所に行って、弟君がお昼寝をしている間に
邪魔されることなく一通りできました。>「最終プログラム」


時間は30分そこそこと短く、応用・腹筋プログラムに比べると
それほど難しいトレーニングはないのですが
ビリーバンドを使っているとかなり厳しいです。
私は当然「ビリーバンドなし」でしたが。


かなり休み休みだったので2週間ぐらいかかってしまいましたが、
無事最後までやりとげましたので(細かいことは気にせず)
ビリー教官の「ヴィクトリー」という場面では
思わず一緒に叫んでしまいましたよ。


で、結果の方ですが
体重は1キロ弱減ってはいますが、日内変動でこれぐらいは上下するので
まあ大差ないと。
体脂肪率も数%落ちたかな~という感じですが、これも誤差内といった感じ。
ウエストは実は初日の測り方がまずかったらしく、
2日目にして-5cm。
それからちっとも変わってないということは
ほとんど変化がないということだと思います。


こんな風に書くと、「ビリーズブートキャンプって効果がないのか?」と思いますが
それが不思議なことに、実感としてはちょっと身体が引き締まったように感じるんですよ。
特にわきの下あたりと背中。
それに、産後どうしても入らなかったGパンがなんとか入るようになったので
お腹も心持ちへっこんだのかもしれません。


私は食事制限などは全くしていなかったし
(むしろかなり食べ過ぎていたんだけど)
トレーニングも全部きっちりできたわけではないので
ちゃんとやればそれなりに結果が出るんじゃないかなと思います。


運動不足だけど、ジムになんか行く余裕はないしな・・・
と、思っていらっしゃる方にはお勧めです。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

腹筋プログラムから2日もあいてしまったので


「もうやめたんじゃなかったの?」


と、ダンナにいやみを言われておりますが
やる気がうせたわけじゃなく


 


膝が痛いの~~


 


膝を曲げてする運動メニュー(スクワットやツイスト他)が多いので
体重がモゴモゴなわたくし


筋肉よりも膝関節への負担のほうが大きいようで・・・。


とはいえ、ここまできてやめるわけにもいきませんし
今日はやってみたんですが
大失敗。


ダンナが出張で帰りが遅いので遊んでもらえない娘が
まとわりついて離れない上、途中で


あっこ~~~~(抱っこ)!!


と、何度も要求されるので
ビリーさんどころではありません。


なので、明日またやってみます。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

母から聞いた話です。


先月のことですが、母が友人と二人で
大阪の四天王寺に遊びに行きました。
ここは毎月決まった日に「蚤の市」がたつのですよ。
今風に言えば「フリーマーケット」ですが。


で、色々なところを見て回っていた二人。
あるところで「今なら無料で新商品のサンプルを差し上げます」
というので、ちょっと寄ってみたそうです。
ゲルマニウムかなんかが入ったサポーターだそうで、
買うとそれなりの値段がするものですが、
発売前にモニター用商品として配っているとか。


「もらえるもんなら欲しいよね」というと
他にも集まっていたおばちゃんたちと一緒に
「品物はここにはなくて、別のところにあるので来て下さい」
と、少し離れた喫茶店のようなところに連れて行かれたそうです。



 ぽ「あかんやん。そんなんについて行ったら」


 母「うん。今考えるとヤバイなあって思うんだけど
   そのときはあんまり思わなかったのよねえ」



で、その喫茶店の中には仕切りがあって
仕切りの向こうにはパイプいすが並んで何人も座れるようになっていたそうな。


始めのうちは「ただで差し上げます」といっていた商品の説明で
その次には「これも今なら無料で差し上げます」と他の商品も勧めていたのですが、
徐々に見るからに何万(何十万?)はする高値の商品の紹介を始めて
「これはいくらぐらいだと思いますか・・・」とか言い出したので
母が友人に「そのうちこれ欲しい人とか言うんやで」と耳打ちしていたら
後ろの方で知らない間に立っていたおじさんに
「そこの人!説明している間はしゃべらないでください」と注意されたらしい。



 母「その時に『これはかなりやばいなあ』って思ったのよ」


・・・ってねえ。


そのあとも延々商品の説明や「これいくらなら欲しいですか?」みたいな問答があって
母はなんとか抜け出すタイミングはないか・・・と焦っていたら
「これが欲しくないという性格の悪い人はいますか?」
(その前にこれと真逆の質問があった)
という質問があったので、隣の友人の手をとって二人で


「ハイ!ハイ!ハイ!」


と、勢いよく手をあげたところ
後ろの方にいたおじさんに「こちらから出て行ってください」と
追い出されたそうです。



 ぽ「よかったねえ。うまいこと逃げ出せて」


 母「いやあ、あれはチャンス!って思ったね」


 ぽ「で、結局何も買わずに済んだんだ」


 母「それどころか、


  無料のサンプルはもらって帰ったわよ(うふ)」



・・・・我が母ながら、その肝っ玉の大きさ
恐れ入りました。


うちの周りでもいわゆる「催眠商法」をしているくさい現場に
何度か出くわしたことがあります。
健康商品などを売りつけていることが多いようです。
今回のように、会場とは離れたところで客引きをしている例もありますので
気をつけてくださいね。
(母のように途中で抜け出せるとは限りませんので)

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

日曜日は休んでしまいましたが、
今日(月曜日)はやりましたよ。
ビリーさんの腹筋プログラム。


2度目の挑戦ですが、やはり後半の腹筋運動ができません。
寝転んだ姿勢から腹筋だけで起き上がれない・・・。
まあ、気長にやっていきましょう。
細かいことは気にすんな。


明日は最終プログラム。
どんだけついていけるんでしょうか。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

弟君も生後2ヶ月を過ぎ、
時々「あっく、あっく」とお話してくれたり、
にっこりと微笑んでくれたりするので
かわいさ倍増です。
眉間にしわを寄せて渋い顔をしているときもありますが。


うちは一応核家族ですが、幸い私の実家が近く
母も時間の許す限りは手伝ってくれるので
娘のお迎え(保育所へ)や買い物にも安心して出ることができますが、
実際のところ、核家族で他に頼る人もいない場合は
赤ちゃんが寝ている間に罪悪感と不安で胸がいっぱいになりながらも
大急ぎで上の子のお迎えに行ったり、買い物に行ったり
されているお母さんもいると思うんですよ。
やむを得ずね。


でも、これはどうかなあ・・・って思いました。


『タイゾー君が赤ちゃん放置?』


杉村太蔵議員が、2ヶ月になる娘さんを自宅に置いて
奥さんと二人で外に食事にでかけたそうで、
帰ってきたら娘さんが「顔は真っ赤に紅潮し、
今までに見たことのない大粒の汗、
着ていた服はぐっしょりと濡れた状態」で泣いていたそうです。


それってネグレクトやん。
とまあ、そういう突っ込みを入れたくなるのが普通の感覚だと思うのですが
当の本人は「ちょっとひやっとした出来事」ぐらいにしか思っていないのか
週刊誌の連載コラムにこのことを書いています。(SPA7月3日号)



同じ2ヶ月になる子どもを持つ母親としては許せない。
自宅に一人で放置して食事に出かけたことも、
さらにそれをネタにして平然とコラムなんかを書いていることも。


奥さんの息抜きにって思うんだったら、自分が赤ちゃんを見ててあげればいいし
二人でたまには外出をって思うんだったら
誰か赤ちゃんを見てくれる人を確保すればよかったのに。
ベビーシッターを雇うお金ぐらいあるだろうに。


去年、マタニティ教室を開催したときに
消防署から乳幼児の事故防止についてお話してもらったんだけど、
そのときに


「生後6ヶ月ぐらいまでは基本的に目を離さないことです」


と言われてました。
だからといって、6ヶ月になっても
まだ一人でお留守番なんて無理ですけど。


今回の件で杉村議員の娘さんが大事に至らなかったのは幸いですが
批判の声に素直に耳を傾けて
お子さんを無事に育てて欲しいものです。
(色々と知識があっても無事に育て上げるのって難しいけどね)

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

ビリーさん「応用プログラム」は金曜日の深夜に、
「腹筋プログラム」は土曜日の夕方に
やりましたよ~~。
あ~、疲れた。


腹筋プログラムは時間も30分ちょいと短いし、
ビリーバンドも使わないのですが



キツイっす。



最初の10分ぐらいは動きも難しくないので
「楽勝か?」と思うんですが、
なぜか汗はだくだく。
見た目よりも身体への負担は大きいようです。
後半になってくると、できない運動ばかり・・・。
このプログラムが楽々こなせるようになれば
腹筋が割れてくるんでしょうかね。


心持ちお腹に力を入れると今までになく固くなっているように思います。
あ、それと背中というかわきの下辺りの余り肉がちょっと減った感じがします。
(他人が見て気がつくレベルではないですが)
食事などにもっと気をつけていれば、案外早くに効果を実感できるかもです。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

「魔の2歳児」って
上手いこと言うよね。


もともと1歳になる前から保育所の先生に
「ちゃぶ台バーン」な性格と評されている
星一徹な我が娘。
2歳になったことと弟ができたことが重なったこともあり、
今現在、大変な状況です。
まあ、親の言うことはきかないですよ。


それでも、私のヒステリーがその上をいくので
「おかあちゃんはおこるとこわい」というのは認識しているらしく、
私に対しては言うことをきかない程度ですんでいるのですが
何をしてもあんまり怒らない優しいお父さんに対してはひと味違います。


昨夜のことですが、10時過ぎに子ども二人が寝ていたところに
1時半ごろ布団に入ってきたお父さん。
そのとたんに


「いやいやいやいやいや~~~!!


 あっちいって~~~~~!!!」


と、激しくお父さんにキックキックキック。
すげー。ビリーもびっくり。


それでもお父さんは怒らずに、「ごめんごめん」と横に移動したのですが、
今度はお父さんがかぶっていたタオルケット(他のもあるのに)をひっぱって


「かたいぃ~~~


 ぶああああああ~~~!!」


(ダンナの身体の下敷きになっていたので、なかなかとれなかったらしい)
と、理不尽な怒りを爆発。
そのあと、どうなだめても怒りが収まらず、身体を反り返らせてじったばった。
まるでエクソシスト。(若い人は知らないかなあ・・・)
弟君がそばにいても構わずに暴れているので


「いいかげんにしなさーーーーーいっ!!」


と、切れたのはもちろん私。
娘の身体を抱き上げたら、そのまま叩きつけそうな勢いだったらしく
ダンナが「それはやめてっ!」と制止。
いや、そんなことはしないけどもさ。
弟君から離して寝かせただけだけどもさ。


一日に1回ぐらいはこんな感じになるなあ。
まあ、子どもなりに色々ストレスを溜め込んでいるんだろうけど。
お母ちゃんは弟君にほとんどとられちゃってるしね。


それでも、弟君に
「ねんねこ~~なんちゃら~~~(ききとれません)」と
何の唄かわからない子守唄を聞かせて寝かしつけてくれる
(その直後に起こしていましたが・・・)
優しい一面もあります。


こう書いていると、そんなひどくもないなあ。
まだおおむね楽な方なのかなあ・・・。

テーマ:2歳児の日常 - ジャンル:育児

水曜日、それまでの睡眠不足がたたって
結局キャンプインできなかったので、
5日の木曜日、「応用プログラム」をしていたのですが・・・


娘がまとわりついてできません。


基本プログラムのときもそうだったんですが、
なぜか「コンバット・キック」のときに
足にしがみつきたがるんですよ。
しかも、かなり楽しそうに。
何がそんなに楽しいんだかなあ・・・・。


説得しても、怒っても
離れてくれそうにないんで、途中であきらめました。
まあ、始めた時間も時間だし(夜10時)
寝かさないとね。


そんなわけで、今日もう一度「応用プログラム」やってみます。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

今日もがんばってみました「応用プログラム」。


応用プログラムになると、基本のときよりも
動きがスピードアップしているんですが、
瞬発力って結局は筋力だったんですね。
全然ついていけません。
あと、バランスも筋力なんだなあって実感します
これやってると。


それでも
昨日よりは幾分マシな感じですよ。
絶対無理だ~って思っていた腕立て8回×8セットも
膝をついて、しかも他人が見れば
「それは腕立てじゃない」と突っ込まれそうな動きではありますが
なんとかクリアしました。
オウイェ~~。


まだ全くできないエクササイズがいくつかありますが、
今日はとりあえず最後までいきましたよ。


ブートキャンプを始める前に比べると
わずかですが体脂肪率が落ちてきました。
(数%なので誤差内という見方もありますが)
でも、数値的なものよりも普段全く運動しないので
「汗をかくことの爽快感」が得られるというのが
私にとっては一番の収穫です。
少しずつですが、筋肉痛もましになってきています。
明日も「応用プログラム」でがんばってみます。
もうちょっと腹筋運動ができるようになるといいんだけどなあ・・・。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

昨日は更新できませんでしたが、
やってみましたよ



ビリーさんの「応用プログラム」


・・・・あの、




ついてけそうにないですぅ(涙)



まずスピードについていけませんし。
腕立て8回×8セットなんて



無理!(断言)


 


それでもまあ、「細かいことは気にしない」方向で
途中まで休み休みがんばりました。
かなり手抜きなんですが、汗はだくだくです。
とりあえず一通り・・・と思っていましたが
弟君から「おっぱいストップ」が入り
あえなく中断。
今日また気分も新たにがんばってみようと思います。


今のところ、効果のほどは
数値的にはさっぱりです。
なぜなら、かなり食べ過ぎているからなんですが。
授乳中ということもあって、ひどくお腹がすくんですよ。
1日6食ぐらい食べてます。(ダメじゃん)
でも、お腹を触るとぷよぷよの脂肪層の下に
筋肉らしきものを確認できるようになりました。
ダンナは基本プログラムを2回やったところ
見た目にも腹筋がひきしまった感じがします。


できていないエクササイズも多いので
それができるようになるまで焦らずがんばっていこうと思います。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児

ビリーさんと一緒に
3日目。
筋肉痛は相変わらず太ももが痛いくらいで
全身ビキビキとか、そんなことは全くないんですが


起きられません。



・・・そもそも、子ども二人の連係プレーで
朝6時ごろまで一睡もできなかったんですよ。
で、土曜日もお仕事だったダンナは
一人で起きて、私の知らないうちに出勤していました。
ごめんちゃい。


10時過ぎに娘に起こされ、二人で朝ごはん食べて
洗濯物を干して、昨夜はカレーだったから
昼食の準備はご飯炊くだけでいいよね~と
本人はそのまま起きているつもりだったのですが、
11時過ぎに



気がついたら寝ていました。



昼食を食べに帰ったダンナに
「今日はブートキャンプするの?」
と聞かれたときも、
「うん。お昼からでもしようかな」
と言ってたんですが、ダンナが仕事に行ったあと



気がついたら寝ていました。



なんかおかしい。
私の意識は起きようとしているんだけど、
身体が「休ませて~~」と駄々こねてる感じ。
痛みはそれほどでなくても、やはり全身の筋肉が
へばってしまっているようです。


結局、親子3人で
夕方4時過ぎくらいまですやすや寝ていました。


そんな調子だったらできなかったんじゃないの?
と、思うでしょうが
ちゃんとしたんですよ


夜中の1時過ぎから。(基本プログラムですが)


なんでこんなに遅くなったかというと、
夕食後も気がついたら寝てしまっていたのと
魔の2歳児、ウチの娘のわがままが炸裂していたから。


どうしても起きられなかったので
娘のお風呂入れをダンナに頼んだのですが、
娘が入浴を拒否。
ず~~~~っと


「いやいやいや~~~~~」


と、泣いていたのですがそのうちに


「おふとん、くらさい」


と、布団(今はタオルケット)を要求。
ダンナが突っ伏して泣いている娘にやさしくタオルケットをかけてやったのに
しばらくすると、それを丸めて少しはなれたところに置き
また元の寝ていた場所まで戻って


「おふとん、くらしゃあいい」


と、泣くんですよ。性質が悪いったら。
しかも、それを何度も。
そんなこんなで、遅くなったのですよ。


今日は4日目になりますが、
余裕があれば次のステップに進んでみようかと思います。
まあ、あんまり辛そうな内容だったら
明日からにしよ~~っと。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。