すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は保育所がお休みなので、
今日が仕事の最終日となりました。
1年の臨時雇用なもので。


思いがけず、帰り際に他の係の人まで勢ぞろいで挨拶をしていただき
花束までもらってしまいました。
ちょっと、涙が出そうになりましたよ。
本当に1年間、ありがとうございました。


今日は人事異動の辞令もあったのですが、
4月から私の職場であった係は
ずい分と保健師さんの数が減ってしまうようです。


正直な話、保健師の仕事ってやる気があるのとないのとでは
仕事量が全然違ってくるものなんです。
私がいた職場の保健師さんは、すごいやる気のある人が中心になって
先駆的な事業を精力的に(今年度は特に人手不足にも関わらず)
こなしていました。
そのために保健所などから学会や研修会での発表を頼まれたりして
2倍も3倍も忙しくされていましたが。
自分が住んでいるところに、こんな熱心な保健師さんがいらっしゃることを
誇りに思えた1年間でした。


その保健師さんも平成20年から始まる特定健診・保健指導のために
保健センターではなく本庁の国保係へ移動になります。
新規事業なので優秀な保健師が必要なのはわかりますが、
4月から保健センターにその人がいないと思うと淋しい限りです。


4月以降も乳幼児健診などの事業に臨時職員として雇ってもらえるそうです。
フリーの保健師ってそんなに数がないので、本当に人手が足りないようです。


とりあえずは2人目出産に向けて
家の中を片付けるのが当面の仕事になりそうです。
うわ、まだ本当に何にも用意ができてないよ。

スポンサーサイト
テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

娘が生まれる前から


「女の子が生まれたら、たとえどんな容姿であろうと


 かわいい、かわいいと言いつづけて育てる!」


と、宣言していた私ではありますが・・・。


そもそも、なんでそんなことを言っていたかというと、
小学校にあがる頃ぐらいまでは近所のお姉さんたちからもかわいいと評判だった私。
なぜだか、大きくなるに従い
花柄のワンピースを着ていても、百貨店の店員さんに男の子と間違われるほど
男らしい女の子に育ってしまいました。
まあ、体格が非常によかったせいもありますが・・・。
周りから男の子によく間違われるようになると、母親までもが
自分の娘をかわいいとは言わなくなり、着せる服もボーイッシュなものに変わり、
いつの間にか「かわいい」という言葉は私からは縁遠いものとなってしまいました。


そんなこんなで、ややこしい思春期を迎える頃には
すっかり自分でも「かわいい女の子」になることに嫌悪感を覚えて、
まあ素直じゃないひねくれものに育ってしまいました。
今から思えば女の子らしい、色んなことをし損ねたなあ・・・・と後悔もしているわけなんですよ。


だもんで、我が娘には自信を持って「かわいい女の子」を目指して欲しい。
と、そう思っているんですよ。


まあ、だからといって
普段の生活で「かわいい、かわいい」と言っているのは
ナチュラル~に親バカ心からで、
そんなに女の子女の子した格好をさせているわけでもなく
(保育所に行くようになったら、基本ズボンですしねえ)
髪も夏場にバッサリ切ってもらったし、
(保育所に行ってると切れって言われるしねえ)
特別、「かわいい女の子」になるような努力は現在しておりません。



なのですが。



最近の娘、
「かわいい」と言われることが心地よいらしいです。
また、見た目にかわいいものがあると必ず「か~いいねえ」と言います。


ずい分前、髪をバッサリ切る前に邪魔な前髪をとめるのに買った
イチゴだの、花だの、くまさんだのがくっついた髪留めをどこからか探し出してきて
「くらさい~(「くしゃさい」よりも「ください」に近くなってきました)」
と差し出して、寝る前だろうがなんだろうが
意地でも頭につけさせたりするんです。それも2つも3つも。
さらに、その格好をついていないテレビに映して(部屋に鏡がないので)
「か~いいねえ」とご満悦なんですよ。


ふしぎふしぎ。
おもしろいもんですね。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

卒業式、卒園式のシーズンですね。
娘が通う保育所でも明日終了式(卒園式)です。
保護者会の役員なのでお手伝いに行くことになっています。


まあ、うちの娘の卒園式ではないので
特別に淋しさというのはないのですが、
今年の卒園生は園児の3分の1を占めていて
いつも娘の面倒を見てくれているお兄ちゃん・お姉ちゃんに
もう会えなくなるんだなあ・・・と思うと
感慨深いものがあります。


で、今日はそのことではなく
書きたかったのは数日前に届いた
我が家の新しい家電製品についてなんですよ。
家電、といってもそんな大きなものではなくて
「電動歯ブラシ」なんですが。


数ヶ月前から、ダンナが狙っていたものがそれなんですよ。
購入動機としては以前から興味があったというのがメインのようですが、
何よりも


私の歯磨きの下手さかげんがあまりにもあまりなこと


が、もう一つの理由のようです。
あごが小さいダンナは歯並びがガタガタなんですが、
歯磨きが上手なせいなのか、小さい頃にお母さんがフッ素塗布などもして
注意していたせいなのか、虫歯はありません。
それに対するわたくし。
立派なあごにふさわしい、立派な歯並びで
ぱっと見は割りと歯が良いようにみえるんですが(よくそう言われますが)
歯質がよくないせいか、歯磨きがド下手なせいか、
うちの母が磨きなおしなんかもしなかったせいか、虫歯が多いです。
歯周病もあり、しかもなかなか良くなりません。


ダンナと同じ時期に新しい歯ブラシに変えると
私の方は1週間もすぎると毛先が開いてきてしまい
ダンナのほうは1ヶ月ほどそのまま、とそれだけを見ても
磨き方の違いが現れています。


それで、簡単にきれいに磨けるとうわさの電動歯ブラシはどうだろうと
あいなったわけですが、
結構高い買い物なんですよね~。
で、ダンナが一生懸命ネットで探して買いました。
○ラウンの新しいものです。


何日か使用してみた感想なんですが、


すごいです。


今まで手動では何度磨いても取りきれなかった
奥歯裏側の汚れが、あっという間に取れてしまいました。
ダンナのほうはというと


「すごく歯がつるつるするんだけど、


 よく磨けているのかどうかはわからないなあ」


・・・彼の方は普段からきちんと磨けているので
劇的に違うということはなかったようです。
私の方は当分、歯医者なんて行ってられないので
これで歯周病がよくなって、虫歯にもならずにすめば
こんなにありがたいことはないです。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

今日の新聞に日本医師会の広告?がありました。


「今、日本の産婦人科・産科の半分は


 お産を受け入れられない、という事実があります」


という衝撃的な一文から始まるものです。


多くの地方でも同じことが起きているのかもしれませんが、
私の住んでいる地域でもおそろしい勢いで
お産のできる場所が減り続けています。


個人の病院で、医師の高齢化が原因という事情のところもありますが
町立病院、県立病院という比較的規模の大きい病院での
産科閉鎖が相次いでいます。
私の住んでいる県は北部と南部の人口差が大きく
南部にあった病院の産科がなくなってしまったため、
妊婦さんが健診に通うにも、くねくねした山道を1~2時間以上
運転しないと病院にたどり着けないという事態になっています。


私の現住所地はそれほど不便なところではありませんが、
以前にも書いたように、市内でお産ができるところはありません。
近隣の市町にある病院も患者数が急増しているため、
妊娠がわかったら早めに受診しないと、お産の予約がとれない状況です。


私の職場は保健センターですが、
この1年で問い合わせや苦情が多かったのは
お産に関すること。
転入された妊婦さんが病院を見つけられない、
里帰り出産希望で帰ってきたのはいいけれど、受け入れてくれる病院がない
ということで、やり場のない怒りを
うちの窓口にぶつけられる方も一人や二人ではありませんでした。
母子手帳を取りに来られるときも、私たちが一番気になるのは
「お産時の病院がちゃんと決まっているかどうか」です。


少子化対策。
この言葉を初めて聞いたのは、もう何年も前の話です。
本気で少子化対策がとられてきたのなら
今現在、こんな事態には陥らなかったのでは?


私もやり場のない怒りをこんなところでしか
吐き出すことができません・・・。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

先日のダンナの出張、
帰ってきたのは結局朝方3時ごろ。
その日はちゃんと朝から出勤されました。
えらいよ。父ちゃん。


で、今日土曜日は休日出勤の予定だったのですが
さすがに休みになったようです。
お昼過ぎまで寝てはりました。
疲れてるよね~。


とまあ、今日は何するでもなく
まったりした一日でした。
そんな今日の夕食は「広島風お好み焼き」。
キャベツが余っていたのでお好み焼きにしようとおもったのですが、
割としょっちゅうしているので、たまには違う感じで・・・
ということで、2度目の挑戦です。


う~~~~ん。
ひっくり返すのが難しいぃ~~~。


それでもなんとか焼きあがった広島風お好み焼きをみて
粉物大好きな娘が


「きゃあ~~~☆*△○×!!」


と、ナゾの宇宙語で大喜びしていました。
あんた本当に好きよね・・・お好み焼き、焼きそば。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

月曜日も早朝出発、深夜帰宅で日帰りの出張(to 岐阜)だったダンナ。
ここから電車、新幹線を乗り継いで岐阜までは約4時間かかります。
往復だけで1日の労働時間やね~。よく考えると。


まあ、サラリーマンのお父さんたちにはそんな出張は日常茶飯事でしょうが、
その出張から帰ってきたダンナに話を聞くと、
「いや、それはあなたの仕事ではないでしょう」というようなことばかり。
そもそも、ウチのダンナ
特別資格を持っているわけではありませんが、会社での業務は一応


「システム関係」


なんですよ。
今回の出張も、岐阜に新しい店舗を出店(15日開店)するので
そのシステムのことで・・・という話で行ってたのに、
実際に向こうについてみると


「すいません。まだシフトができてなくて、いつが休みかわからないんですが」
「備品がまだそろっていないんですが」
「ファックス付電話もないので、仕事にならないんですが」
「この20万円、釣銭用なんですが預かってもらえますか」


などなど。
もう、全く準備ができていなかったようです。
本来なら、ダンナのような月給16万円のペーペーが行くのではなく
きちんとマネージメントができる立場の人が行くべきだったのでは???


とりあえず、電話で会社に確認を入れつつ
できる範囲で仕事はこなしてきたようですが、
「多分、今日帰ってきちゃいけなかったように思う・・・」
と、不吉な予言。


そして、予言は的中し
昨日の昼前
「これから岐阜に行くことになった」と電話あり。
それから現在に至るわけですが、


ダンナまだ帰れず。


まあ、午後10時半頃に電話を入れてみたところ
「今仕事が終わったから帰るよ」とのこと。
「電車もう無理なんじゃないの」と聞くと、
「一人じゃどうしても無理だから、今日応援頼んだんだ。
 その人の車に乗せてもらって帰れるよ」
・・・帰ってきてくれるのはうれしいんだけど、
明日も、明後日も仕事なんだよね。


身体を壊しやしないかと、心配です。
せめてもうちょっと給料を上げてください。
月給16万以上の仕事はしていると嫁的には思うんですが・・・。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

先週の金曜日から水ぼうそうの疑いがある我が娘。
が、が、ですよ
さっぱり発疹が出てきやしませんよ。
なんだったんだ。


それよりも、ちょうど金曜日あたりから
ひどい鼻水(それまでも出ていたけれど、いっそうひどくなった)と
その鼻水が喉に入ってたんがからむのか、
おっさんのような咳をするようになったんですよ。
当然、夜は寝苦しいらしく途中でひどくぐずって起きるし
寝ている間でもゴホゴホと思わず
「おとっつあん、大丈夫かい」と声をかけたくなるような咳が続いて
ヤバ気な感じです


なので、月曜日
無理を言って仕事を休ませてもらい
娘をいつもの診療所ではなく、総合病院の小児科へ連れて行きました。


そこの先生はうちの保健センターでの乳幼児健診によく来てくれる先生なんですが、
そんなに重篤でなくても、肺炎になりかけというだけでも入院させることで
有名な先生なんです。
肺炎って言われたらどうしようか・・・・。


ちょっとドキドキしながらの診察でしたが、
インフルエンザ(鼻汁)の検査やB型溶連菌(喉の粘膜)の検査、
果てはレントゲン検査までしていただきまして、
その結果は「気管支炎」ということで。
ああ、肺炎でなくてよかった。


レントゲン検査では妊婦の私は付き添えないため
娘の服だけ脱がせて外で待っていたのですが、
中から「ちゃーちゃーーーーーん、ちゃーちゃーーーーーーん!!」
という叫び声が聞こえてきて切なかったなあ。
まあ、おおむねどの検査もがんばってクリアしてくれました。


で、診察結果を聞いた後
ネブライザー(吸入)をしてもらったんですが、
この痛くもかゆくもない処置を
「いやあ、いやあ、いたいいいい、いたいいい」といって
激しく拒否する娘を看護師さんと二人がかりで押さえつけて
吸ってもらいましたよ。
そしたら、すごい威力ですねえ。
2分もすると、口の中からたんがコポコポと
エクトプラズムのように出てきましたよ。
すげえ。あなどりがたし、ネブライザー。


そんなこんなで診察も終わって、お薬もらって帰ろうと思ったら
「院外処方」ですって??なんだそれは。
院外処方のファックス受付のところに座っているおば様に話をきくと
ここの病院では薬を出してないらしく、近所にいくつかある薬局のどれかを選んでいただければ
ファックスで処方箋を送りますので、そちらに取りに行ってください・・・とのこと。
へえ・・・。今はそういうシステムになっているんですか。


なので、近くの薬局を適当に選んで
そこでまたアンケート書いたり、お薬ができるのを待ったりしていたら
もうなんだかへとへとですよ。
この日、早朝から(朝5時出発で)岐阜まで日帰り出張を命じられているダンナに
診察結果等を報告すると、
「で、あんたは診てもらったの?」
いやあ、娘よりも鼻水がひどい私も診てもらいたいのは山々ですが
娘一人分でもう十分結構です。体力がもたん。


てなわけで、私の方は
今日の妊婦健診のついでに鼻炎用の点鼻薬を出してもらいました。
今日で妊娠32週と1日。
9ヶ月目に突入しました。
胎児の体重は2000gちょい。
エコーで顔が見えましたが、なんとなく娘に似ているような気がします。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

水ぼうそう(疑い)についてですが、
背中とお腹の発疹(数個)は大きくなることも水疱になることもなく
小さい赤い点のままです。
ちがったのか???
まあ、何もなければそれはそれでありがたいのですが。


さて、まだわからない言葉が大半のわが娘ですが
最近、とっても便利な魔法の呪文を覚えました。



「くぅしゃさい!」


(もしくは「たしゃい!」)


・・・・初めは、なんのことやらわからなかったんですが
どうやら「ください」という意味のようです。
英語で言うところの「プリーズ」ですよ。


なんでもかんでも人にものを頼むときは
この一言でOK!


冷蔵庫の前に立っては「くぅしゃさい!」(何かください)
ヨーグルトを母ちゃんに差し出しては「くぅしゃさい!」(フタを開けてください)
コップをお父さんに突き出しては「くぅしゃさい!」(お水をください)
クレヨンを差し出しては「くぅしゃさい!」(???)
・・・どうやらクレヨンに巻いてある紙を取って欲しかったらしいです。


まあ、こんな感じで色んな場面に応用できます。
さあ皆さんもレッツ「くぅしゃさい!」

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

なんとか水曜・木曜をクリアした娘ですが、
木曜の夕方、保育所から帰って体中をチェックしましたら
背中に2つほど小さな赤いプツプツが・・・・。


小さくて、よく見ないと見逃してしまうほどの大きさです。
今朝もチェックしましたが、大きさはそれほど変わりがなく
2つあったプツプツが4つほどに増えているような増えていないような。
「これはどうなんだろ~~~??」
と、かなり悩みましたが
水ぼうそうの患者さん(いとこ)とは確実に接触していることですし
調べてみると発疹が出始める1~2日前から感染力もあるということなので
とりあえず、仕事と保育所を休むことにしました。


で、今のところ(金曜の夜)なんですが
ほんのわずかにプツプツが大きくなっているような気もしますが
それほどいっぱい出ているわけでもなく
び~みょ~~~~うな感じです。
熱はなく、非常に元気。
出るなら早く出て欲しいんですけどねえ・・・・。
まあ、そう親の思うとおりにはならんわよねえ。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

それは先々週の土曜日にさかのぼります。


実家の方で蔓延していたおたふくかぜも
(3人娘がきっちり2週間おきに発病していた)
そろそろ終わっているだろうと、久しぶりに実家に
娘を連れて顔を出しました。
案の定、おたふくかぜの方は終了していたようなんですが・・・


「あ、おねえちゃん。もらっちゃうかもしれないよ」


へ??
何をですか??
もらえるもんは何でもいただきますよ。



「今ね、だいぶマシにはなってきてるんだけど



 一番下が水ぼうそうなの・・・・」



あっちゃ~~。
しかし、もう時既に遅し。
ここの3人娘とは姉妹のように仲がいいうちの娘、
すんげえ密着して遊んでいますよ。
感染るものなら、もうすでに感染っていることでしょう。


まあ、水ぼうそうは予防接種法にはないですから
予防接種は自費になりますし
かかるんだったら小さいうちの方が被害が少ないからいいんですが、


とりあえず、発症はもうちょっと待ってくれ。


明日はマタニティ教室の最終日だし、
明後日は1歳6ヶ月健診なので
どうしても仕事が休めないのよ。


潜伏期間は約2週間。
さていつ爆発するやら。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

テレビのCMで見て、思わず大笑いしてしまったのですが


「龍が如く 劇場版」


昨日から公開されています。


「き~りゅうちゃ~~ん」
のセリフでおなじみの真島兄さんは
「龍が如く2」(ゲーム)でもご健在で
ダンナの一番好き好きキャラですよ。


その真島兄さんの


「き~りゅうちゃ~~ん」


が、テレビから聞こえてきたのでびっくりしましたよ。
ゲームキャラそのままなんですけど、岸谷さん。


見たい。
見たいんですが、劇場に足を運ぶのは無理っぽいので


DVDが出るまで首を長くして待ちます。(泣)


クレイジーケンバンドの主題歌も
いい感じです。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

昨年はさすがに初節句ということでスルーするわけにはいきませんでしたが、
今年は娘もまだ微妙にイベント事にうとい時期ということもあり
特別に何かということはしませんでした。
ごめんね。
来年はなんかするからね。


おひな様のほうは私の実家から
(この辺りでは嫁の実家が節句の飾りを贈るしきたりになっています)
ケース入りのコンパクトなものをいただきまして
それを


年がら年中飾っております。


(だめじゃん)



いつもはそれほど存在を気にしていないのですが
昨日は娘をおひな様の前に座らせて、ぼんぼりに明かりをつけ
ケースについている「ひなまつり」のオルゴールを鳴らすと
目をキラキラさせて見入っていました。
ホントにごめん。
来年はなんかするからね。


今日はとっても暖かい・・・いやもう暑いくらいのいい天気なので
買い物に家族で出かけた際、31アイスクリームに寄りました。
普段それほど甘いものを食べさせているわけではないので
たまにはいいでしょう、と
店内で3人仲良くアイスクリームをつついていたら、
お隣の席にかわいい女の子2人が座りました。
顔がそっくりとは言いがたいですが、おそろいの服を着てることや
体格がほぼ同じところから恐らく双子ちゃんかと思われました。


「かわいいねえ~」


と、私がつぶやくと
ダンナが小さい声で


「反対側も見てみ」


というので、そっと反対側のお隣さんをのぞくと
なななななんと、


こっち側は男の子の双子ちゃんですよ。


顔もそっくりで服もおそろいですから間違いはありません。
こんな偶然、あるんですねえ。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

保育所にお迎えに行っても
みごとなまでに知らんぷりされてしまう
ちゃーちゃん(母ちゃん)です。こんばんは。
今日も私が来ていることを確認した後で
お友達と唄って踊って楽しそうに過ごしていました(泣)。


まあ、そんなこんなで
保育所から家に帰るのも一苦労。
車に乗ってもチャイルドシートになかなか座りませんし。
保育所の駐車場を出るのに1時間ほどかかることも度々です。


先日書いたように、夕食を作るのも大変なので
ここのところ多いメニューがお好み焼きや焼きそば。
ご飯を炊かなくてもいいし、材料を切るだけですぐに食べられるのでありがたい。
ビバ!関西。


で、我が家のホットプレートは
普通のプレートとたこ焼き用、焼肉用と
3種類のプレートがついているのですが、
ダンナがポツリと


「たこ焼きはいつしてくれるのかな」


と言うので、ひさ~~~しぶりに(多分1年ぶりぐらい)
今晩作ってみました。
市販のたこ焼き用の粉を溶いて
キャベツと青ねぎを刻んで入れ、焼くときに天かすをふりまいて
竹串でくりくりとひっくり返して
おお、久しぶりですがきれいに焼けましたよ。


さて、娘の反応はいかがでしょうか。


焼き始めはマネをしたがっていましたが、
「あっちいからダメよ」というと
おとなしく見学。
焼き上がり皿に盛り付け、マヨネーズ・青のり・かつおぶしをかけて渡したところ、



かつおぶしばっかり

2パック分たべました



・・・・外側がカリッ、中はトロッとしておいしかったんですが、
1歳児には得たいの知れない食べ物として映ったようです。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

この頃、家に帰っても家事が思うようにはかどりません。


まあ、8ヶ月の妊婦ということもあるんですが
それよりも娘がくっついて離れてくれないんですよ。


保育所には機嫌よく行ってくれてますし、
(むしろ大好きすぎて迎えに行ってもなかなか帰ろうとしない)
預けられているから淋しい・・・というストレスはないと思うのですが
母ちゃんと一緒にいる間はくっついてなきゃ損だとでも思っているのか
台所に立とうものなら


「いやああああああああ!!」


といって、私と流し台orコンロの間に割って入るので
米をとぐのも一苦労です。


それでもなんとか、今日は夕食を作り
たまっていた洗濯物も洗って干せましたが。


で、くっつき虫の娘も洗濯物を干すのを手伝ってくれたんですが
びっくりしたのが



「とーしゃん(父さん)の」
「ゆいか(自分の名前)の」
「ちゃーちゃん(かあちゃん)の」


と、いちいち言って渡してくれるんですよ。
しかも合ってる。
さらに


「とーしゃんのたんつう(パンツ)」
「ゆいかのよーふく(洋服)」
「ちゃーちゃんのぱいぱい(ブラジャー)」


と、自分のわかる単語は全て駆使していますよ~。
すげ~~~。


もともと口数の多い娘なんですが、
最近は本当によくしゃべっているんですよ。
大半は謎ですが。
それでも、かなり意思疎通ができるようになってきて
うれしい限りです。
成長したねえ。


先日の参観で


参観のときもそれなりに芸ができたもんねえ。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。