すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の日曜日、家族で天王寺動物園に行ってきました。


絵本やテレビで動物を見ると
非常に喜ぶ娘なんですが、生ものは苦手でして
ご近所の犬も、公園のハトも、スーパー駐車場に生息するネコも
まともに目を開けてみることができない
チキンな娘です。


が、そこをあえて。
しょっぱなにカバを見に行きましたが
案の定、こわがってダンナにへっぱりついて
見ようとしませんでした。


まあ、それでもあっちこっちに行くうちに多少慣れてきたのか
草を食んでいるシマウマや悠然とあるくキリン
お昼寝で爆睡中のライオンやらは楽しげに見ていました。
なぜか鳥系は苦手なようでペンギンを見ることを激しく拒否していましたが。


で、天王寺動物園。
知っている人は知っていますが
大阪でもかなりディープな場所、『新世界』のほんそば(ホントに近く)にあります。
大阪の象徴、通天閣があるところです。
私もダンナもここに来るのは3年ぶりぐらい。
久しぶりに歩く新世界はどえらく様変わりしていてビックリです。


ちょっと前、テレビで串かつブームに新世界が沸いているというのを見たんですが、
3年前にはなかった派手派手しい看板の串かつ屋さんが軒を並べていて
ひどく「節操のない」街になっているような気がしました。
昔から雑多な感じのする場所でしたが、それはそれなりに情緒があったんですよ。
昼間っからカップ酒をあおっているおじさんがよく似合う街でした。


あの看板の節操のなさって外から見た「大阪」のイメージなんでしょうかね。
ちょっと違う感じがするんですよ。
観光で来ている人が多いのか、やたらと写真を撮っている人に出くわしました。
そんなのも今まで見たことないですよ。


娘にとっては当然初めての新世界。
今まで経験したことのないにぎやかさにウキウキしていたようです。


そのあと、これもまそば(ホントに近く)にある
スパワールドに寄り、
その中にあった散髪屋さんがキャンペーンで千円だったので
夫婦二人とも髪を切ってもらいました。
あ~、さっぱりした。

スポンサーサイト
テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

そうそう。
一番大きなトラブルを書き忘れていましたよ。


今一番困っているマイナートラブル。
それは


「尿もれ」


先日から咳がひどいんですが
風邪なのでくしゃみも出るんですよ。
そしたら


へ~っくしょん!「ちょろ」
ゴホッ!ゴホッゴホッ!「ちょろちょろ」


って感じで、
娘のオムツをあてとこうかと思うほどです。
トイレに行った直後でも
もれるときはもれるのでホントに悲しくなりますよ。


妊婦用の○ルンケアとかはないんでしょうかね。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

今回の妊娠は前回にくらべれば
かなり平穏無事に過ぎています。
年末年始までは体重の増えもゆるやかだったんですけどね・・・・。


とはいえ、いくつかのマイナートラブルは抱えています。
妊婦さんの参考になればと思い
書いてみましょう。


まずは、「便秘」。
私はどちらかといえば快便だと思うのですが、
タイミングをはずして一旦つまってしまうと
普段出ている量が多いだけに、1日出なくなるだけで
お腹が張って苦しくなってしまうタイプです。
妊娠中は下剤は禁物ですから、
つまりそうだと色々な食品やサプリメントで対処していましたが
そんな私に救世主現るですよ。


「植物性乳酸菌飲料 ○ブレ」


関西・四国方面で発売するなり売れすぎて品切れになり
しばらく販売されていなかった、といういわくつきの商品です。
販売再開されてから私は知ったのですが
だまされたつもりで飲んでみたところ


いいんじゃないの~~。


下剤は効きすぎてダメ・・・という方には
とてもいいと思います。
3本セットになっているのを安いときに買っています。



で、次は「足がつる」。
昔からよく足がつる、というか
中学、高校生時代は毎晩のように「こむらがえり」をやっていた私。
前回の妊娠時もしょっちゅう足がつっていました。


こむらがえりは「ふくらはぎ」がつるんですが、
妊娠すると足のあらゆるところがつります。
しかも両足いっぺんに来ます。
両すねいっぺんにつったときは痛すぎて大笑いして泣きました。
今回の妊娠では太ももがつりました。
予防のためにカルシウム/マグネシウムのサプリメントを飲んでいますが
予測不可能にやってくるので油断はできません。



それからこれはトラブルというほどのもんではありませんが
食後1時間ぐらいは軽い脳貧血状態になります。
ふだんでもそうなんですが(食べすぎてるんですよね~)
妊娠していると胃にだけじゃなくて
お腹の赤ちゃんに向けても血流量が一気に増えているように思う。
それぐらいすごく眠くなったり、動くとフラフラしたりします。


これもトラブルとは言わないですが、
仰向けで寝られません。
うつぶせでも寝られません。
お腹が大きくなってきた妊婦は右か左か向いて寝るしかありません。
上を向いて寝ていたあの頃が懐かしいです。
ちなみに、私の右側にいつも娘が寝ているのですが
よっこいせ~どっこいせ~と必死になってやっと左向きに寝返りを打ったと思ったら
娘から「あああああーーーーーん(背中むけてんじゃねえよ!)」と
抗議の泣きが入ります。
なので、いつも肩こり、常時寝違えって感じ。
自分の好きな体勢で寝られるって幸せなことだったんですね。



まあ、ホントにこんなぐらいで
申し訳ないぐらい安泰な妊婦ライフを送っています。
前回の妊娠時との大きな違いは「気温」。
以前住んでいたときは冬は極寒なところだったうえ、
雪の多い年に妊娠していました。
思えばそれがかなりのストレスになっていたのかなあ。
妊婦に冷えはいけないと知ってはいましたが、これほど違いが出るんですね。
環境問題的に暖冬は心配ですが、妊婦的にはありがたい今年の冬の暖かさです。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

ゴホ、ゴホッ
みなさんお元気でしょうか?
年明けからインフルエンザが流行っているようですね。


昨年12月から、ず~っと風邪気味の娘&私。
なんせ鼻水がひどいんですけど
(不思議なにおいをかもしだしております)
ここ数日、咳までひどくなってきました。


とくに娘の咳き込み方が尋常ではないので
熱はそれほどありませんでしたが、金曜日に仕事を休ませてもらい
いつもの診療所で診てもらいました。


今回も診察時に大泣きするだろうな・・・と
先生も私も覚悟を決めていたのですが、
意外や意外。
ちょっと「ふぇ・・・」とつぶやいただけで
おとなしく診察を受けていました。
思わず先生も「今日はずい分かしこいなあ」とほめてくださいましたよ。


で、今回も咳止めのシロップと抗生剤の粉薬が出たわけですが、
がんこな我が娘、今までいろんなことを試しましたが
ガンとして粉薬は飲まなかったわけですよ。


それで、結構前になるんですが
メグさんから良いアドバイスをいただいてましたので
今回はさっそくこれを実行!!


娘はそれでも抵抗しておりましたが(不思議とだまされてくれない~)、
口の中に入れてしまえばそれほど嫌な味ではなかったらしく
ごっくんと飲んでいました。
やった~~~!やりましたよ。


抗生剤。
やはりすばらしく効きます。
鼻水も咳もみごとに止まっております。


で、私も診てもらうつもりが
すっかり忘れちゃったんですよね。
ゴホ、ゴホッ。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

駄々をこねさせたら日本一じゃないかと思うね。
我が娘よ。



保育所帰りに寄ったスーパー。
ここには子どもを乗せるカートが何種類かあって
自動車型になっているものが一番人気で
娘もそれが大好き。


お買い物中はそれに乗ってご機嫌だったんだけど、
レジを待つ間に退屈したのか車から降りてしまい、
支払いが終わって、買ったものを袋に入れようとしたあたりで
突然に


うわあああああああーーーーーん!!


とそっくり返って泣き出したんですよ。
どうやら理由は車についている扉(簡単なロックつき)を
自分で上手く閉めることができないから・・・らしい。
なだめる努力はしてみたものの、容易に泣き止みそうにないので
床に寝転がり泣き喚く娘を足元に放置したまま
とりあえず急いで袋につめる私。


隣でみていた年配の女性はきっと「なんて親だろう」と
あきれてたんでしょうね。
「おやおやどうしたの」と声をかけてくれましたが、
そんなことで娘が泣き止むはずもなく。さらに、
「今まで欲しいものばかり買ってあげたんじゃないの?」
とまで言われる始末。
どうやらご希望の品を今回は買わなかったので駄々をこねていると
見られたらしい。
娘を抱き上げ
「ここの鍵を自分でかけることができなくて泣いているみたいです」
と会釈して去りましたけどね。


今日の買い物は米やら味噌やら牛乳やら
重いものが多かったんですが、
3つにもなった買い物袋を車にいれようとしたら
再びむすめがごねていますよ。
どうやら一番の大物、5kgの米が入った袋を自分で持ちたいらしいです。


「言っとくけど、それすごく重いよ。
 絶対持てないよ」


といって、とりあえず持たせてみるが
案の定、うんともすんとも動くはずもなく
腹を立てて大声で


うわああああああーーーーーーーーんん!!


うわ。またですか。
それにしてもたちの悪い娘。
知らない人が後ろを通ると、まるでその人にアピールするかのように
そちらをチラ見してからさらに声を張り上げるんですよ。
なんじゃいな。その泣き方は。
あ、そういえば
出口付近にあるマクドさんの方を指差して
「あっち、あっち」って言ってましたっけね。
ってことは、これはマクドに寄らなかった
かあちゃんへの当て付け泣きですかね。


で、しゃあないなあということで
寄りましたよ。マクドさん。
なんとなく勝ち誇ったような顔で野菜生活を飲んでいる娘です。


野菜ジュースが好き


 



テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

やっと年賀状を書いています(まだ進行形です)。


今年は(去年は)わざわざ


インクジェット写真用の年賀はがき


を購入して準備していたにもかかわらず、この体たらく。
しかも、もらった年賀状が用意していた分よりも多くて
今日恥を忍んで郵便局に行ったら


9日で販売終了


・・・そりゃ今頃出す人いないわよね。
なので、インクジェット紙はがき(普通の)を買い足しましたよ。


さて、何でこんなことになってしまったのか反省会をしてみます。
まず、


原因その1.
 私が娘の写真をとりこんで年賀はがきの作成ができないので
 ダンナに依頼したこと。(自分で作れるようにならんとなあ・・・)


原因その2.
 年末、急に突然に想定外に
 ダンナの中国出張が決まったこと。
 (そもそも毎年作り始めるのが遅いのが悪いのか)


原因その3.
 1日、2日は実家に年始の挨拶に行くことになっていたので、
 じゃあ3日に年賀状を作ろう、と決めたこと。(なんでも先延ばしはいかんなあ)


そして、最大の原因その4.


 その3日にダンナが娘と出かけたときに


 「龍が如く2」を買って帰ったこと。


年末年始、ずっと忙しかったので
「せっかくの休みなのに、休めてない~」と不満たらたらだったダンナ。
久々に買ったニューゲームにはまるのはあっという間でしたよ。


そもそも、このゲームのCMで
クレイジー・ケン・バンドの唄が流れていたのが敗因。
剣さん大好きな私が思わず


「この唄聴いちゃうと、欲しくなるよね」


と、つぶやいてしまったのです。
なので、ダンナは意気揚々と「これ欲しいって言ってたよね」と
帰ってきましたよ。


それに加えて、先の3連休は急にご近所のお葬式の手伝いが入ったりと
それなりに忙しかったのは確かですが、
「龍が如く2」がなければ、先週には年賀状が出せていただろうことは
ほぼ間違いありません。


なぜならダンナには
キャバクラ経営とホスト業にいそしむ暇があったから~~。
(ゲーム内のサブゲームです)

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

知らん間に・・・・


最近、娘がはまっているのが積み木。
かなり前から我が家には積み木がありました。
なんのためか。
1歳6ヶ月健診対策のためです。


まあ、それほど大げさではないのですが
一応保健師として乳幼児の健診に携わっている身ですから
1歳6ヶ月ぐらいだとどれくらいのことができるのか
ある程度は把握しているわけですし、
我が娘のこととなると、やはり人並みに気になるわけですよ。
健診の課題がいくつかあるんですが、
その中に積み木を6つ積むというのがあります。
・・・いや、積み木は6個用意するんですが、必ずしも6個積まなきゃダメというのではなく、
積み木を積んで遊べるか、積み木の持ち方はどうか、
積み木を適度な力加減で積んでいくことができるかなどを
総合的に見るんですよ。


で、これができるかどうかというのは
最近では発達うんぬんよりも、「経験」に大きく作用されているようなんですよ。
というのは、昔と違って色々なおもちゃがある昨今では
「積み木が家においてある」御家庭が割りと少なくなってきているようなんです。
なので、上手くできない子は「今まで積み木なんか触ったことなくて」という場合も
多々あるんですよ。


前振りが長くなりましたが、上記のような事情があり
我が家では積み木を用意しておこう、となった次第です。


ついこの間までは、色々な形がある積み木の中から
真四角のものか、円柱型のものを積んで遊んでいたのですが、
今年に入って急に、他の形のものもどうにかして積んで遊ぶようになりました。
家では最近積み木を触って遊んでいる姿を見たことがないので
おそらく保育所でやっているんでしょうね。


まあ、娘の成長はうれしいことこの上ないんですが、
これ、
この写真


夜中の1時過ぎに撮影。


なんだか12時過ぎぐらいからテンションがあがってきたようで
ものすごい集中力で積み上げていました。


それはもういいから早く寝てくれ~。


 

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

日記なのに今日の出来事ではないんですが。


先日(5日)、妊婦健診に行ってきました。
前々から「ちょっと前置胎盤っぽいね」と言われていたので
その後の経過が気になります。


ドキドキしながら内診台にあがります。
「あ、胎盤ちょっと上のほうに上がってきてますよ~」
それはよかったよかった。
「これだとなんとかいけそうですね~」
って、何が??


その後、腹部エコーで診てもらって
診察室で説明を受けるときに恐る恐る聞いてみました。


「先生、今回は帝王切開ってことにはならないんでしょうか?」


「まあ、さっきも言ったように
 胎盤も子宮口より上のほうに上がってきていますし、
 今の状態だったら自然分娩で十分いけると思いますよ」


ええええ~~~、そんなあ。


と、思わずため息をもらすと先生が笑って


「そんなに前の出産、大変でしたか?」


「大変といえば大変でしたよ。
 直前まで帝王切開って言われてたので心の準備もできてなかったし
 微弱陣痛で長くかかったし・・・」


カルテに微弱陣痛と走り書きする先生。


「そうは言っても、帝王切開だってそれなりにリスクが高いですよ。
 自然分娩でいけそうならがんばるつもりでいてください」


はあ・・・・。
そうですか。


帝王切開だから楽、ということはないと重々承知の上なんですが、
自分にとっては自然分娩もかなりハイリスクなんじゃないかと心配なんですよね。
色々あるし、年齢的にもねえ。


とりあえず、今のところ順調そうです。


って、思っていたら腹部エコーで診てくれた先生が
わざわざ診察室前の待合までやってきて


「たいしたことはないんですが、胎児の腎臓が腫れていますので
 今後、エコーで経過を見ていきますね」


って、それって大丈夫なんですかあ??

テーマ:二人目妊娠・出産 - ジャンル:育児

1日は私の実家、2日はダンナの実家と
お年始にまわってきました。
年賀状はまだ書けていません(どうするんだ)。


さて、結局中途半端に終わってしまった大掃除で
普段と変わらない熊の巣状態の我が家で新年を迎えていますが
家事が大の苦手の私。なんですが
なぜか、毎年おせちだけは作っています。
はっきり言って趣味です。


といっても、本格的なものではなくて
かなり簡単に作れるものばかり。
難しい黒豆や棒だらは出来合いのものを買ってつめています。
結婚前に友達のうちで年末年始を過ごしたことがあって、
そのときにおせち作りを手伝ったのがきっかけかなあ。


で、参考にしているのが
奥薗壽子のラクうま料理&おやつ大好き! / 奥薗 壽子
過去のオレンジページやらきょうの料理やら。
ここ3年ぐらいは毎年ほぼ同じものを作っています。
ちょっと多めに作った分は実家に持って行ったりしますが
なかなか好評です。


何を作っているかというと


・鶏のしょうが醤油煮
・ゆず寒天
・切り干し大根と人参、きゅうりのなます
・とり団子のがめ煮
・れんこんの梅酢和え
・アーモンド田作り
・さつまいもとりんごのキントン
・数の子(今年は実家から塩数の子をもらってラッキー)
・たたきごぼう(今年はこれを作り損ねた)


ぐらいかなあ。
そこへ買ってきた黒豆、棒だら、かまぼこなどを加えれば
お重三段に結構見栄えよく詰まります。


でまあ、1月1日起きてからお雑煮とおせちを開けて
「おめでとうございます」
と食べ始めたわけですよ。


それで娘が一番気に入ったのは


黒豆


今まで食べたことがなかったので初めは食べ方がわからず
皮をむいて「ブドウにしちゃあ固いな・・・」みたいな顔をしてましたが
お父さんが食べているのを見てパクリと一口。
その後、エンドレスで


「まみ~、まみ~」(本人まめ、まめと言ってるつもり)


と要求され、ほとんど食べられてしまいました。
喜んで食べてくれるのはいいんだけど、
それは母ちゃんが作ったものじゃないんだよね~~(泣)。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

明けましておめでとうございます。


毎年毎年、年末の大掃除もそこそこにしかできず、
新年らしい新年を迎えることができていないように思うこのごろですが、
それにしても今年(去年?)はひどかった。


なんせ、


まだ年賀状が書けていません。


(こんなことは初めてです)


29日まで中国に出張だったダンナが
日本に帰ってきたのは2時頃だったようですが、
荷物だけ家に置いて、そのまま会社へGo!
帰ってきたのは夜9時。
風邪でぐずぐずの娘のそばを離れられず、掃除はほとんどできませんでした。
まあ、30日にできるかあ・・・とたかをくくっていたら
朝から会社のシステムに不具合が生じたためダンナは出勤。
すぐに帰ってくるかと思いきや、お昼を過ぎても帰ってこず
電話はかけても出ないし、何しているんだと怒っていたら
午後2時過ぎに段ボール箱を抱えて帰宅。


「どうしたの?」


「仕事終わって帰ります、って社長に声をかけたら


 まあ、餅でもついていって


 って言われた」


社長宅は会社に隣接しているので、会社の社員食堂で
お餅つきをしていたんだそうな。
で、お礼にお餅をたくさんいただいて帰ってきたわけですよ。
私の実家の分まで。
ダンナが「腕が痛いよ~」と筋肉痛で辛そうでしたが
いただいたお餅は激うまです。


そんなわけで、本格的に掃除を始めたのは31日。
ダンナが家の周り、お風呂場、トイレ、洗面所(戸棚の中まで)を
それはきれいにしてくれた・・・のですが、
肝心の居住区は全く手が回らず
「もう、そこは年が明けてからボチボチと」
ってなわけで、
4時ごろから作り始めたおせちを詰め終わり、
年越しそばを一口食べたところでダンナが


「あ~、知らん間に新年になってるよ」


というような年越しでした。



あ、ひとつ心温まるお話を。


29日に「もう無理だろうな」と覚悟の上
銀行に両替に行きました。
もちろん、お年玉のためにです。
街中にある銀行も、ちょっと山の方にある銀行も
距離的には変わらないので、あんまり混んでなさそうな
山の方の銀行に行きました。


案の定、
「新札の5千円、千円はありません」
との張り紙。
とはいえ、両替はしてもらわないことには
お年玉を1万円づつあげられるほど私は豪気ではないぞ。


で、行員さんに
「新札でなくていいので両替お願いします」
と頼みました。

そんなに混んでないし、両替ぐらい普段ならすぐにできそうなものですが
なかなか呼んでもらえず、娘に絵本を読みながら待っていましたら


「お待たせしました」


「すいません。本当に新札が1枚もなくて」
と申し訳なさそうに、人のよさそうな行員さんが千円札を持ってきてくれました。
「いえ、いいんです。ありがとうございました」
と、その場では金額だけ確認して帰りましたが
家についてからあらためてよく見てみると、


確かに新札は1枚も入っていませんでしたが、
見るからに、「できるだけしわのないものを・・・」と
選り分けてくれた苦労のにじみでるようなお札ばかり。
「ああ、それで時間がかかっていたのかな」
と思うと、じんわりくるものがありました。


さて、今年もよい年でありますように。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。