すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ4月だというのに、寒い日が続いていますね。
桜がもう八分咲きだというのに雪がちらつくなんて。

さて、修了式も無事終わった我が子どもが通う保育所ですが
お姉ちゃんのクラスのお友達が3人
4月から別の保育所・幼稚園へうつることになりました。
しかも1歳児クラスから一緒だった子ばかり。
お母さんたちとも親しかったので
さみしいかぎりです。

お姉ちゃんには今まで説明していなかったんですが、
今日、そのうちの一人からお手紙をもらったので(まあ、絵手紙ですが)

「ちゃんとお返事書いてね。○○ちゃんは来月から他の保育所に行くんだよ」
「そうやねんで(一応、誰かから聞いて知ってはいた)」

「だからね、もう会えないかもしれないから
 ちゃんとお手紙書いてね」
というと、

しばし間をあけて

「そんなん・・・・・さみしいやんか・・・・・」

と、ぽつり。
他の保育所に行くことと会えないことはつながってなかったようです。

で、家に帰ってから母代筆でお手紙を書きました。

「○○ちゃんへ

 いっしょにあそんでくれて

 ありがとう。

 げんきでいてね。」

お姉ちゃんにとっては初めての‘別れ’になるのかもしれません。
ちょっとナイーブなところがあるお姉ちゃん。
明日はお手紙渡すときに泣いちゃうかも。

そして、私の方も現在の職場は明日でおしまい。
1年だけでしたが、同じような年頃のスタッフが多かったところなので
楽しく仕事をさせてもらいました。
特にとなりの席の栄養士さんとはお互いに子供のことで相談しあったりして
ちょっとしたママ友のようなおつきあいだったので
明日でお別れかと思うとホントにさみしいです。
おかあちゃんもちょっと泣いちゃうかも。

4月からはまた新しい職場・・・・とはいえ、以前に行っていたところなので
知った人ばかりの保健センターです。
仕事内容が以前とは少し違うので、また新しい出会いがあるでしょう。
保育所の方も来年度は新しいお子さんが多いそうです。
今回お別れになる人たちとも縁があればまたどこかで会うことでしょう。
八分咲きの桜の下でしばしのお別れのご挨拶をしましょう。

さようなら。

また会う日まで。

 

スポンサーサイト
テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

昨日は延期になっていた保育所の運動会。
再び早朝3時に起きてお弁当作りました。
素晴らしいお天気に恵まれて、
お祖母ちゃんや従姉妹も応援に来てくれて
本当にいい運動会でした。

お姉ちゃんのほうは
家でも時々
「うんどうかいのれんしゅうしてるねんで」
といっては、歌ったり踊ったりしてくれていたので
それなりにしっかりできるだろうと思っていたのですが、
とってもフリーダムな弟君が何をやらかしてくれるか
内心ドキドキしていたんですよ。
連絡帳にも
「お母さんの顔をみるとどうなるかわかりません」
とか、書かれちゃってたし。
で、現在1歳5ヶ月の弟君。
予想以上にしっかりと演技をこなしていました。
好き勝手にあっちこっち行かなかっただけでも
母ちゃん感動したよ。
鉄棒にぶら下がったり、ジャングルジムに登ったりと
かなりうれしそうに楽しそうにしていたので
いやもう、びっくりです。
成長しとるなあ。

お姉ちゃんも、かけっこで
いつも練習している相手と違うからと先生に駄々をこね
一人で2回も走る、という快挙(?)をなしとげました。
ま、そういうのも良い思い出よね。

今日は保育所がお休みだったので
実家に遊びに行ったのですが、
よほど楽しかったのか、なかなか帰ろうとせず
結局は大泣きする娘を無理やり車に押し込んで帰りました。
ずい分ぐずっていたのは眠かったからのようです。
車が走ると、3秒ほどで寝ました。
お世話かけました>実家のみなさんへ。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

うちの子たちがお世話になっている保育所では
昨日の土曜日が運動会の予定でした。
まあ結論から言えば、雨で月曜日に延期されたのですが、
こういった場合、非常に困るのが


お弁当の準備


・・・・なんで、イベント時のお弁当って
あんなに作るのが大変なんでしょうねえ。
うちの場合、お祖父ちゃんお祖母ちゃんまで
招待しているわけではないので
そんな豪華なお弁当を作る必要はないんですが、
それでも家族4人分のお弁当をどうするか
考えると頭が痛いんですよ。

しかも、天候があやしくて
ほぼ90%今日はないんだろうなあ・・・と
いうような場合は、どうすりゃいいんだか。
それでも朝3時に起きて作り始めましたけどね。

で、結局延期になりましたので
また明日、朝早くからお弁当作らないといけません。
やだなあ。

とまあ、運動会のお弁当についての話を
あちこちでしていると
職場でも実家でも
「そんなにがんばってお弁当の用意しなくても
 どこかで買ってくるとか、仕出しでもとればいいのに」
と言われましたが、親の教育にも厳しいうちの保育所で
そんなことしようもんなら

卒園するまで言われますよ。

いや、下手すると卒園しても言われるでしょうよ。

お弁当作り自体はさほどイヤではないのですが、
朝早く(というかほとんど寝られずに)作らなければいけないのが
ツライんですよ。
多分、今のシーズン
世のお母さんたちのほとんどが同じような思いをしてるかと。
だから運動会当日はお母さんたちがウトウトしていても
親子競技でへまやらかしても
大目にみてあげてください。
あと、ねぎらいの言葉もわすれずに。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

一昨日は保育所の遠足でした。

たいていの保育所は先生が引率できるぐらいの年齢から
遠足に行ってるんじゃないでしょうか。
うちの子たちが通う保育所は2歳児クラスから
基本的に全員参加。
とうぜん保護者同伴です。

弟君のクラスは自由参加なんですが
お姉ちゃんは行かなくちゃいけませんし、
母ちゃんもついて行きますし、
当日は保育がありませんし・・・・となると
弟君も強制的に参加ですよ。
なのでダンナにも仕事を休んで一緒に行ってもらいました。

行き先は家からもちょくちょく行ってる動物園。
保育所のお友達と大きなバスに乗って行く遠足に娘は大興奮。
実は一昨年も保育所から同じところに行ってるんですが
娘はその時のことを全く覚えていませんから
まあ言ってみれば初めての遠足ですよ。

でもまだまだ2歳児には団体行動は難しいですねえ。
少しでも目を離すと、自分の行きたい方向に歩き出してしまうし
友達と遊ぶことに夢中になって、先生の話は全く聞いちゃいないし。
怪我したり、迷子になったりしなかったのが不思議ですよ。

で、今回の遠足でのお弁当作りも徹夜作業。
徹夜するほど豪華なお弁当を作っていたわけではなくて、
朝早く起きる自信が全くないからなんですよね。
だからそんなに手の込んだものではなくて
・エビフライ(冷凍の揚げればいいだけのもの)
・じゃこ入り卵焼き
・ほうれん草のおかか和え
・かぼちゃのチーズ入り団子(かぼちゃは冷凍もの)
・ブロッコリー(ゆでただけ)
・プチトマト(入れただけ)
・イチゴ
・おにぎり(わかめ、ゆかり、鮭入りの3種類)
といった感じです。
エビフライは小さい物だったので多めに揚げたんですが
エビ大好きな娘にほとんど食べられてしまいました。
朝イチゴ以外な~んにも食べられなかった弟君がもっしゃもっしゃと
いっぱい食べてくれたし、まあ作った甲斐はあったか。

お腹もふくれて妙にテンションが高くなった娘。
午後からはずーーーーっと保育所で一番仲の良いお友達にくっついて
ゴキゲンで歩いていました。
トイレも一緒に入るって聞かず、
「いいですよ~」とお友達のお母さんが二人とトイレに入ってくれました。
・・・・しばらくしてから大喜びで出てくる娘&お友達。
「今日はいているパンツが同じ柄だったので大盛り上がりよ~~」
ははは。
動物園に行くからこれちょうどいいや、って
ライオンや象さんのイラストが入ったパンツをはかせたんだけどね。

そんなこんなでとっても楽しかった動物園。
昨日あらためてその感想を聞いてみました。
「きのう楽しかったね。どこに行ったっけ?」
「どうぶつえん!!おおがたバスにのったなあ」
「せやなあ。大型バスにのって動物園行って、何見た?」
「う~~んとね、う~~んとね


 おべんとう!!」

 


それだけ印象に残ってくれてるなら
徹夜してお弁当作った甲斐があったよ。ホントに。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

気がつけばもう12月に入っちゃってますよ。
師走ですよ。
年末ですよ。
1年ってあっという間ですねえ。


街中はクリスマス一色といった感じで
最近では一般のご家庭でも華やかなイルミネーションが
めずらしくないのですが、
周りは田んぼだらけの田舎にもかかわらず
ちょこっと住宅が密集している我が家のご近所さんも
あでやかに飾りつけされているところが何件かあり
目の保養になっています。
当然、娘は大喜びです。


さて、クリスマス。
コンビニに寄った際、
ふと置いてあったクリスマスケーキ等のパンフレットを
持ち帰ったのですが、
娘が目ざとくそれを見つけて
丹念にケーキを見ています。
2歳の誕生日に買ってあげたバースデーケーキには
あまりいい反応ではなかったのですが、
最近になってようやくイチゴで飾り付けられて
ロウソクに火がともっているケーキは
何か楽しい出来事があるときに出てくるものだとわかったようで
パンフレットの写真を見る目もキラキラしています。



で、


「どのケーキにする?」


と聞いたところ、迷うことなく


「ぷりきゅあ!!」


と答えたので(やっぱり)と内心思いつつ、がっくり。
小さなおもちゃが飾り付けられているだけで
他のものに比べて特においしそうというわけでもないのに
いっぱしの値段がつけられているそのケーキは
甘いものが大好きで、ただ純粋においしいケーキが食べたい
私とダンナにとっては一番選択したくないものなんですよね~~~~。
まだ予約はしていないのですが、
「クリスマス」という言葉をきくと
「ぷりきゅあのケーキやなあ」と
いまだに娘が固執しているようなので多分買うことになると思います。


子ども二人が通っている保育所はキリスト教系のところなので
12月になると園庭には馬屋と先生たちが作ってくださった
大きな大きなリースが飾られます。
保護者は毎年、子どもたちに手作りのプレゼントを贈ります。
今年はフェルトで作るかわいらしい雪だるまとサンタのポーチ。
針先で指をちくちく刺しながら夜なべして作っています。
・・・まだできあがっていませんが。

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。