すちゃらか日記~ラ・ヴィダ・スチャラーカ~

高齢出産した保健師・・・といえば「育児なんて楽勝でしょ」って思うかもですが、知識はあれど経験不足なわたくしの、あまりにもすちゃらかな日々をつれづれなるままに書き綴った日記・・・になる予定。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しいです。
仕事も、家でも。

育児中のお母さんたちはみんな同じでしょうが

毎日が戦場です。

一日に何度「早く早く」って言ったら気が済むんだか。

保育所の先生からも軽くプレッシャーをかけられたため、
ここのところどうにかして早く寝かせなければ・・・・
と、努力しているために余計に時間がないんですよ。

で、かねてから
「どんくさい母親一人で安全に子ども二人をお風呂に入れる方法」
というのを、色々考えていたのですが
どうやっても何か下手を打ちそうで躊躇していました。
ダンナの帰りが遅い日が続くと
そうもいってられませんので
職場の先輩ママさんからも話をきいて
実行してみました。

とりあえず、お姉ちゃんを洗っている間は
弟君を洗面器に座らせておくという方法でクリア。
でも、私自身を洗う余裕は全くありません。
それに弟君が周りのものを触ったり、口に入れたりするので
衛生上問題が・・・。

なんとかならないかと考えて
物は試しに「タミータブ」というのを購入。
大き目のバケツのようなベビーバスです。

でまあ、使ってみたところ
つかまり立ちのできる弟君は
すぐにタミータブのふちを持って立っていましたが
タブごとひっくり返らないようにさえ気をつけていれば
なんとかお母ちゃんも身体を洗えそう。
ただ一つだけ問題発生。
それは

「ゆりかもはいる!!!」

と言って、姉ちゃんがきかないこと。
えっと・・・・・
タミータブの対象年齢は2歳6ヶ月までって書いてあるんだけど。
(お姉ちゃんは2歳9ヶ月)

「ちっちゃいおふろ、はいるの!!」

・・・・・しかたないなあ、よっこらせ。
って、入るし。

ということで、タミータブ
3歳ぐらいまではいけそうです。
うちの子けっこうでかいです。


スポンサーサイト
テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

最近、娘が
私の頭をぺちぺち叩いたり、
キンキン声でなにやらわけのわからないことを叫んだり、


私が怒っている時のマネをするんです・・・。


 


・・・・・
いえ、ホントにね
まだよく日本語も理解していないとは言え口汚くののしったり、
それほど強い力ではないとはいえ
手を上げて叱ったりするのはよくないことだと
頭では理解しているんですよ。
でも、カーッとすると飛んじゃうんですよ。理性が。



私が娘に怒っている主な原因は
1位 ご飯を食べない
2位 弟に危険な行為をする
3位 お風呂に入っても洗わせない(お風呂で遊ぶのは大好き)


もうね、ご飯食べないのなんて
放っておけばいいじゃん、って
心の中では思ってるんですよ。
お腹が空いたらそのうち食べるやんって。
でもですね、お腹が空いて食べたがるものって
「じぇりー(ゼリー)くだしゃい」
「しょこえと(チョコレート)くだしゃい」
・・・・お菓子なんですよね。
おかずも娘が食べそうな、好きそうなものをできるだけ作ってるんですが
以前のようにパクパク食べてはくれないんですよ。
ご飯も白飯じゃ食べないのでふりかけをかけるんですが、
器用にふりかけだけを食べて「もういらないの~」と言われると
「ご飯と一緒に食え~~~~!!」って言いたくもなりますよ。


弟君に対しては嫉妬からというよりも
強すぎる愛情からしている行為なんですけどね。
うちの娘、足癖が悪くて
何度注意しても、足で弟君を触るんですよ(寝ているときですが)。
隣で寝ないと気がすまないのはいいのですが、
寝相が悪いので身体が半分ぐらい弟君の上に乗っていることはしょっちゅうですし、
かかと落しやひじ打ちが弟君にヒットしそうなこともしばしばです。
そういうときは、有無を言わさず娘の身体をひっくり返しています。


お風呂は娘の強い要望で弟君と私と一緒に3人で入っていますが
先に弟君を洗ってお父さんに迎えに来てもらう時に必ず
「もうでるの~~~」と言います。
と言われても、毎日汗だくになっていますから洗わないわけには。
ほぼ毎回、無理やり洗っています。



・・・・これでもちょっと前に比べると
カーッとなって怒る回数は減っているんですけど、
娘にうらめしそうな顔をされるたびに
つくづくダメな母親だなあ、と思います。
私にペチペチするぐらいは自業自得と我慢できるんですが、
保育所が始まって先生やお友達にこんなことをしてしまったら
申し訳ないことこの上ないです。


ともかく、ご飯さえちゃんと食べてくれたら
ほとんど怒らなくって済むんですけどねえ・・・・。
どうやったら食べるんでしょうか。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

夏休みですね。


ウチの娘も実は今週から夏休みです。
保育所なので、希望すれば預かってもらえるんですが
娘が保育所に行くためには
お迎えの時間帯に実家の母に来てもらわないといけないし、
(弟君を連れて行けばいいんでしょうが、
 できれば首が据わるまで車に極力乗せたくない)
今私は仕事せずに家にいるので「預かって欲しい」と言いにくいし、
というわけで、四六時中子ども二人と過ごしています。


といっても、元々そんなに出来のいい母親ではないので
かなりぐうたらな生活。
育児系の雑誌などを見ると、
赤ちゃんでも毎日決まった時間にお散歩(in ベビーカー)とか
夏だったらお家の庭で水遊びとか
ちゃんと子ども(赤ちゃん)の相手をされているお母さんたちが多いのねと思いますが
娘が赤ちゃんだった時でも
そんなことしたことないねえ・・・・。
(お散歩というか、近くの実家までベビーカーで押しかけるのはよくしましたが)


なので、子どもが一人増えた現在
夏休みに入ってからほとんど外に出ていません。
言い訳がましいですが、歩いていけるところにお店もないし、
家のすぐそばにある公園も今の時期は草がぼうぼうで
蚊に刺されに行くようなものなんですよ。
それに、どんなにしても言うことをきかない娘を
弟君(in ベビーカー)と一緒に連れ出して
事故なく無事に連れて帰る自信が全くありません。


普段は保育所でめいっぱい遊んでいる娘が家の中にずっといるとどうなるか。
・朝、お父さん出勤時に目が覚めても保育所に行けないので二度寝する。
 (昼まで寝ている)
・消費カロリーが少ないのでお腹が空かない。なのであんまり食べない。
・お父さんが帰ってきたら遊んでくれるので夜遅くまで起きている
 (夜2時すぎまでたいてい起きている)
というような生活パターンになっています。
家の中で遊ぶにしても、限界があるしなあ・・・。


ちょっとは外へ出ようか、ということで
今日は蚊に刺されるのを覚悟で近くの公園に行ってきました。
公園にはブランコとすべり台があるのですが、
娘はブランコにはまだ乗れません。
すべり台で遊ぼうと近寄ったのですが、
先日の大雨で木の葉がいっぱい落ちたうえに鳥の糞もいっぱいあって
これはちょっとなあ・・・・と思い


「今日はおうちに帰ろう。すべり台、むいむい(虫)がいっぱいだよ」


というと、むいむい大嫌いな娘は
「むいむいいやん~~」と手で目を覆って
一目散に家に帰ってくれました。
ごめんね。せっかく外にでたのにね。


今度から雑巾持参で公園に行こう。
あと虫除けと。


にしても、子どもと遊ぶの苦手だなあ。
世のお母さんたちは子どもとどうやって遊んでるんだろう・・・。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

前回書いたように反抗期真っ盛り&わがまま全開の娘。
今日も「夕ご飯食べようよ」と言うと
返事もせずに寝たふりをしてそのまま寝てしまっています。
ダンナが帰ってきたときに起こしたのですが
怒って泣いて、再び眠っています。
また夜中に起きるのかなあ・・・。



仕事上(育児支援、母子保健)で育児不安のあるお母さん・・・というか
育児不安に陥りやすいだろうとされる条件の一つに
「一人目出産」というのがあります。
一人目の出産後は色々なことが初めての経験になるので
確かに不安は不安ですが、自分が実際二人目を出産してみて
感じること。



一人目より二人目の方がやばくねぇ?



私自身は弟が6歳下ですが、
2,3歳違いぐらいの兄弟のほうが多いと思うんですよ。
家族計画(最近はそんなこと言わないのかなあ)上、
それぐらいの年の差で・・・と考えている人も多いと思う。


大きくなってくれば年の差が近い方が色んな面でメリットがあると思いますが、
(一緒に遊ぶ、PTAやってる期間が短くてすむなど)
小さい間、特に下の子が生まれてしばらくの間は
上の子にも手がかかるし、とにかく大変ですよ。
私のように上の子との関わり方に悩む人も多いと思うし。


どういう条件であろうと育児支援というのは必要ですが
二人目出産後のお母さんも育児不安に陥りやすいということを
肝に銘じておこう。



それにしても、
早朝4時ぐらいに大泣き&大暴れして
抱っこしようとしても「いやああああああ!!!」
離れて寝ようとしたら「かあちゃああああああん!!」
と叫ぶのはどうしたらいいもんだか・・・・。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

私は自分で言うのもなんですが、他人から見た評価は


「人当たりがいい」


「優しくて思いやりがある」


「人付き合いがいい」


・・・など、かなり良い人っぽい感じなんですが
実は昔から母親に「二重人格」といわれていたほど
内と外では性格がまるで違います。


職業も「保健師」なので多分周りからは
そこそこ良いお母さんだと思われているのかもしれませんが


全然。


最近、自分でもヤバイと思うくらい娘を怒鳴りつけています。
手も出ます。


もともと沸点が低くダンナからも「瞬間湯沸かし器」と命名されているほどですが、
弟君ができたことで、さらに時間等の余裕がなくなり
そのしわよせがみんな娘にきている感じです。


また娘も私に似て頑固なんですよ。
へそを曲げるとうんともすんとも言わないです。


今一番苦痛なのがご飯時です。
ちょっと前まで怖いくらいもりもり食べていたのに
最近は自分の好きなおかず(トマトや人参)だけパクパク食べると
あとはご飯の上にかけたふりかけ(白ご飯だと食べない)をつまんで食べて


「もういいの~」「ごそうさま(ごちそうさま)」


といって、食事を終えようとするんですよ。
「もっと食べなきゃダメだよ」といって食べさせると
なんとか盛り付けた分ぐらいは食べるのですが
遊びながらなのですんごく時間がかかります。


そうこうしていると、たいてい弟君が泣き始めるので
イライライライラ・・・・・としてしまい、
必要以上に娘に辛く当たってしまうんです。


他の場面でも、私が「こうして」ということを
素直にきいたためしがありません。
その度に怒鳴りつけ、カーッとなると頭をはたいてしまいます。


うちの場合は、ダンナが優しいので
時間の許す限りは娘がする気になるのを待ってくれますし、
わがままをいってもできるだけ娘にわかるよう
説得をしてくれます。
なので、まだ救いがあるんですが・・・。


娘にしてみたら、私に抱っこをしてもらったり
一緒に遊んでもらったりして構って欲しいのに
ただシステマチックに食事や風呂や着替えのときぐらいしか
構ってくれなくなったのでさみしいんだろうな・・・とか、
怒鳴ったところで事態は全く解決しないのにな・・・とか
冷静に考えればわかることなんですけどね。


今回は自戒のためにこんなことをダラダラ書いていますが、
もし私と同じようなことで悩んでいるお母さんがこれを読んでくれたらと思います。


Nobody’s Perfect


そう。
完璧な親なんていないんです。
私自身にも言い聞かせます。
娘と向き合う日々、それは自分の弱さと対峙する日々でもあります。
私だって、できれば優しい母親になりたい。
自分自身をコントロールできるように、少しずつでもがんばっていこうと思います。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。